全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #2,183 ...

#2,183 (10/24)~座って直ぐ叩かない♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

ドラムセットのイスに座って何もセッティングせず直ぐに叩く人、ダメですよ~。

ドラムで何より大事なのはセッティング。前に叩いた人のままや、変なセッティングのままだとフォームや演奏に影響し継続して叩けなくなります。分かりやすく言うと、他人の自転車に乗ってる感じ(^_^;)。

(画像)

画像左上
叩く側から見た感じ。基本となるイス、フットペダル、スネア、ハイハットをセッティングします。
①イスは膝の角度が90度以上になるように高さを調整しましょう。
②フットペダルはバスドラムのフープに固定されているかチェック(※意外と外れている人が多い)。
③スネアはスタンドの三脚からセッティング。叩く側に脚を向けましょう。高さは打面がおへその下辺りになるように。
④ハイハットはスタンドの向きから。画像のようにイスを中心に左右対象にペダルがくるようにセッティングします。高さはスネアの打面から握り拳二つ分程の高さにします(両手がぶつからないようにする為)。

画像左下
上記セッティングに座った状態。中心にスネアがあるのが分かると思います。扇形になるように均等にセッティングするのがポイントです。

画像右
横から見た状態。イスの高さ、距離間、スネアの高さ、角度など、セッティングでサウンドが変わります。

当たり前のようで出来ていない人がほとんど。セッティングは技術や知識以前に大切です。


P.S.1
私が演奏している「Traps Drums」の動画がYouTubeにアップされてます(再生回数は何と7,000回を越えてます!)。
自宅等で練習可能な活用法も紹介してます。

●Traps Drums A400NC【Sound Check】
「クリア→コーテッド→解説→メッシュ」
https://www.youtube.com/watch?v=F-G_kRlvebI&list=PL9wTBO_1pSejZ6U0sGFfs8zw2dsdNnOx4&index=1


P.S.2
私の母校である音楽専門学校で行いました特別セミナーが学校HP(トピックス)にアップされてます。

●CAT TOPICS【ドラム】金澤佳幸氏 特別授業
http://www.cat.ac.jp/topics/5834-2016-05-23-07-29-58.html

#2,183 (10/24)~座って直ぐ叩かない♪

(2016年10月24日(月) 0:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ