サイタ音楽教室ドラム教室福岡 大武悠真ドラムスクール スクールブログ 足のダブルスト...

足のダブルストローク(中上級者用説明)

今回はドラマーみんなが苦労した経験がある足のダブルについてです。
このテクニックは学習手順がとても重要なテクニックの一つです。

まず最初に言っておきたいのは、スライド奏法から練習を始めるのは間違いです。
足のダブルにおいて最も有名と言っても過言ではないスライド奏法ですがこのテクニックはとてもタイミングのコントロールが難しく、音量や粒立ちもしっかりさせるにはとても難しく変な癖もつきやすいです。

最初にマスターすべきダブルのテクニックは二つあります。手のダブルストロークでも言われるノーマルとリバースです。
それよりも!!前にマスターすべき奏法があります。
ヒールアップ奏法(カカト上がりっぱなし
ヒールダウン奏法(カカト下がりっぱなし
ヒールタップ奏法(カカトあげて踏んだ後下げる
上記全てのオープン奏法とクローズ奏法
アップダウン奏法
これを身につけたらいざ!ダブル!!


まずはノーマル
一打目をヒールタップのオープン奏法
二打目をスナップショット(カカトを浮かせてヒールダウン奏法の様に足首だけで打ち)
最初はスナップショットではなくヒールダウンで練習してみましょう。ただしヒールダウンではスピードに限界があります。次第にスナップショットに移行し最初的には手と同様二打目はリバウンドをコントロールするだけの役割になり目に見える動きは消えます。

次にリバース
一打目をヒールアップ(オープンでもクローズでもできる様に)
二打目はヒールタップ、一打目がオープンの場合はそのまま踏めば良いだけですが、クローズの場合は少しコツがいります。実際にお見せするのが1番わかりやすいのですが…簡単に言うと足首を脱力しながらカカトをさげます。

この二つをマスターしてさらにスピードと連発を求める時にスライドやスウィベル(ピポティング)といったテクニックの練習に入りましょう。

最後にとても大切かつ当たり前の事ですが、ダブルストロークは手でも足でも一回の振りで二回音が出るからダブルストロークなのです。ただ早く二回動かしている訳ではありません。キチンとしたやり方があります。

今回の文は専門用語も沢山出てきているので中上級者でも独学の方にはわからない所もあると思います。ぜひ1度体験レッスンで本当のダブルストロークまでの道のりを体感して下さい!!

 

(2016年10月23日(日) 2:59)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

音楽学校在学時からプロ活動!楽しく無理なく上達できる独自メソッドが魅力

新着記事

新年あけましておめでとうございます。 という今更の挨拶からの、久々の更新です… 今年は新レッスン案の導入や、プロとアンサンブルする発表会等、諸々計画中です! 張り切ってまいります。 さて今回はルーディメンツ ルーディメンツってなんぞや? という方に軽く説明をすると… 小太鼓...

今回はドラマーみんなが苦労した経験がある足のダブルについてです。 このテクニックは学習手順がとても重要なテクニックの一つです。 まず最初に言っておきたいのは、スライド奏法から練習を始めるのは間違いです。 足のダブルにおいて最も有名と言っても過言ではないスライド奏法ですがこのテクニック...

スピードアップは全ドラマー全楽器プレイヤーにとって永遠の課題だと思います。 ですが!スピードアップの為のエクササイズは中々につまらないものが多いですよね… リバウンドのコツはモーラーなど体の使い方などのコツによりスピードが突然上がるという事もありますが、そのコツをつかむ為の練習はとても地...

今回はよく間違った指導をされてしまっている事の多いダブルストロークについて少しお話しします。 ダブルストロークやトリプルストロークなどは基本的に一回の腕の振りで2回もしくは3回音を出す事と覚えている方もいらっしゃると思います。 もしくはこう考えることも出来ます「2つもしくは3つの異なるスト...

暑くなってしまいましたね… 雨も降ってジメジメしております、スネアなどの楽器をお持ちの方々は湿気対策気をつけて下さい! そんな今日は音楽を演奏する時にも聞く時にも大切な二つの感性…と言いますか楽しむポイントについてお話ししようと思います。 一つ目はダンス! つまり体で音の波を感...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ