全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #2,166 ...

#2,166 (10/7)~セッティング♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

今年の秋の新規生徒さん、偶然だと思いますが皆さんレベルが高いです(^_^)/。何でかな~不思議です♪

さて、ドラムセットのセッティングは様々です。
画像のイラストは私がイラストレーターで描いてみた色んなドラムセットのセッティングです(^_^)/

画像①
よくスタジオにある2タム1フロアのドラムセット。カタログ等にも載っている基本的なセッティングです。定番となっているタムのインチ・サイズ12"13"16"は、元々Pearlがカタログを作る際に選んだインチとか。日本国内だけのサイズなんですよ♪ちなみにアメリカでは10"12"14"又は12"14"16"が基本です。

画像②
最近多い1タム・セッティング。全てが平行になるようセッティングし、シンバル・スタンドもブームをたたみストレートに立てるのがポイントです。このセッティング、実は最も古いスタイルで、ライド・シンバルの"ライド"=乗るは元々バスドラムに乗っていた時の名称です♪

画像③
80年代に流行った多点と言われるセッティング。私のドラムセットもこの点数(3タム2フロア)です。最近は点数が多いドラマーが減ってますね~(^_^;)。
ちなみに私のタムのインチ・サイズは10"12"14"16"です。


P.S.1
私の母校である音楽専門学校で行いました特別セミナーが学校HP(トピックス)にアップされてます。

●CAT TOPICS【ドラム】金澤佳幸氏 特別授業
http://www.cat.ac.jp/topics/5834-2016-05-23-07-29-58.html


P.S.2
私が演奏している「Traps Drums」の動画がYouTubeにアップされてます。
(再生回数が4,000回を越えてます♪)
自宅等で練習可能な活用法も紹介してます。

●Traps Drums A400NC【Sound Check】
「クリア→コーテッド→解説→メッシュ」
https://www.youtube.com/watch?v=F-G_kRlvebI&list=PL9wTBO_1pSejZ6U0sGFfs8zw2dsdNnOx4&index=1

#2,166 (10/7)~セッティング♪

(2016年10月7日(金) 2:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ