全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #2,162 ...

#2,162 (10/3)~16分音符で手順を覚えよう♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

これまでも何度かお伝えしてますが、音符や手順が苦手な方に16分音符の仕組みを理解する事をオススメします。

画像は16分音符の仕組みと手順を表したもの。順に紹介していきます。
(画像参照)

画像一番左は16分音符が4つ全部ある状態。これを基本てします。音の順番を①~④で表し、手順も右から交互にRLRLと割り振ります。①②③④=RLRL

ここから①~④の何処かが無くなる形になります。
グループを3つに分け、一番上は音が3つ、真ん中は音が2つ、一番下は音が1つだけ出てくるグループです。

●画像A~D
16分音符の中で音が3つあるグループです。楽曲でも最も多く使われるのでよく覚えておくと便利です。

番号=音の順、RL=手順、( )=叩かない部分
A②③④=(R)LRL
B①③④=R(L)RL
C①②④=RL(R)L
D①②③=RLR(L)

●画像E~I
音が2つのグループ。
E③④=(R)(L)RL
F①②=RL(R)(L)
G②③=(R)LR(L)
H①④=R(L)(R)L
I②④=(R)L(R)L

●画像J~M
音が1つのグループ。
J①=R(L)(R)(L)
K②=(R)L(R)(L)
L③=(R)(L)R(L)
M④=(R)(L)(R)L

手順は好き勝手に叩くと演奏に大きく影響します。癖が付く前に身に付けておきましょう。


P.S.1
私の母校である音楽専門学校で行いました特別セミナーが学校HP(トピックス)にアップされてます。

●CAT TOPICS【ドラム】金澤佳幸氏 特別授業
http://www.cat.ac.jp/topics/5834-2016-05-23-07-29-58.html


P.S.2
私が演奏している「Traps Drums」の動画がYouTubeにアップされてます。
(再生回数が4,000回を越えてます♪)
自宅等で練習可能な活用法も紹介してます。

●Traps Drums A400NC【Sound Check】
「クリア→コーテッド→解説→メッシュ」
https://www.youtube.com/watch?v=F-G_kRlvebI&list=PL9wTBO_1pSejZ6U0sGFfs8zw2dsdNnOx4&index=1

#2,162 (10/3)~16分音符で手順を覚えよう♪

(2016年10月3日(月) 1:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ