サイタ音楽教室ドラム教室東京 優しく続けたい人の為のドラム教室 スクールブログ ピアニストの為...

ピアニストの為のリズムレッスン

皆さん、オハヨウございます!

先日、僕の後輩にあたるピアニストA君から

「たつみさ〜ん、今度レッスンつけてくれません?」

って言われました。

彼も一線で活躍しているアーティストなのになぜ???

って思ったんですが、詳しく聞きますとナルホド!

とある現場で別の楽器奏者Bさんから

「アルペジオはリズムが無いから弾かないで!」

と、言われたんだそう

A君はどういうことだ?って思いながらその練習を模索しつつ考え込んでいたんだそう。

指摘を受けた時、Bさんの言い方が恐くてどういうことかも確認取れないまま帰ってきたんだそうです。

そして昨夜。

A君にスタジオに来てもらい練習を見たんですが

ナルホドナルホド!!

いやぁ〜そのBさんも本当にそういう言い方したなら、言い方良く無いねぇ〜

「アルペジオの時のリズムの取り方が、その前後と変わっちゃってるから流れてないんだよ〜」

その流れで、修正方法と練習方を教えて参りましたわけです。

ここで、僕はプロのミュージシャンとしての心構えとして、改めて自分にも当てはまらないかどうか考えてみたことがあります。

1つは、分からないことがあれば先ずは聞いてみること
そしてもう一つは、我々がやっていることは”伝える”お仕事だということ

どう言ったかではなく、どう伝わったかが重要

その根底をしっかり強く持って、生徒さんにもしっかり伝わるように。またどんなことでも気軽に質問してもらえるように僕も精進しなきゃなぁ〜なんて思っています。

とても勉強になった1日でした!

今日も昼間はレッスン

夕方から来月依頼されている発表会の会場視察に行って参りやす!

では!

 

(2016年9月25日(日) 8:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

オールジャンルに対応可能!きれいな音質と心に響くプレイが魅力のコーチ

新着記事

皆さん、こんばんは 僕は普段、とても軽〜いスティックを使っています 左右同じ重さで密度なんかも考えてピッチも揃えておりますが、それでも左右で感じる重さは異なります 筋力の差もありますが 右利きの僕が重さを感じるのは右手 何故でしょう? それは利き手の方が力が...

皆さん、こんばんは! なんだか、身体がだる〜い日ってありますよね クーラーの効いた部屋にいると運動不足みたいな気だるさを感じちゃいます 練習もやはりそう やらなければそんなだるい感じになってしまう なので、どんな時でも練習! それにつきます

皆さん、こんばんは! 昨日の興奮が冷めやまぬ今日は一日中レッスンデー! 楽しかったです! 最後の方はご高齢の女性なのですが、パーカッションも興味があるという事で、ドラムとパーカッションでセッションを グルーヴの渦が!! 教えているのはドラムですが、パーカッションと...

皆さん、こんばんは! 行ってきました。 NYの一線で大活躍のドラマーNate Smith氏のクリニック いやぁ、本当に良かった パフォーマンスもさる事ながら土佐の考え方が本当に一流。 僕が生徒さんに提唱している事も仰ってました 明日からの練習やレッスンがまた...

皆さん、こんばんは! 最近ドラムセットにパーカッションを組み込む事が楽しいです いろんな音に囲まれて幸せ(笑) ですが、全ての楽器を同じ様に叩いては仕方ないです それぞれにあった鳴らし方を知る必要があります そのためには基礎練あるのみ! やりましょう!

ブログ記事 ページ先頭へ