全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室福岡 ラブアンドピース・ドラムス スクールブログ スティックの握...

スティックの握り方の重要性

スティックの持ち方、意識してますか?
フレンチグリップ、アメリカングリップ、ジャーマングリップ、そしてレギュラーグリップ。
以上4つのグループに分けられるのですが、特に意識をしないとフレンチグリップかアメリカングリップになりやすいですね。
それぞれ用途が違う、というか演奏形態によって向き不向きがある訳なんですが…
一番多ジャンルに対応出来るのは、アメリカングリップかと思われます。

僕は最近ジャーマングリップを意識して演奏しています。
一音一音を明確に発音したい、と思うようになったからです。

ジャーマングリップを意識することで、姿勢に対する意識も変化してきました。
姿勢が悪いとジャーマングリップは少し叩きづらいので。笑

グリップによって演奏のフィーリングは結構変わります。

是非意識してみてくださいね!

 

(2016年9月18日(日) 10:37)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ノリの良い先生につられて、あなたのやる気もワンテンポUP!

ブログ記事 ページ先頭へ