全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室福岡 大武悠真ドラムスクール スクールブログ 4つのダブルス...

4つのダブルストローク

今回はよく間違った指導をされてしまっている事の多いダブルストロークについて少しお話しします。
ダブルストロークやトリプルストロークなどは基本的に一回の腕の振りで2回もしくは3回音を出す事と覚えている方もいらっしゃると思います。
もしくはこう考えることも出来ます「2つもしくは3つの異なるストロークのコンビネーション」
つまりダブルストロークとはただ2回早く動かす事ではないのです!
ダブルストロークの種類は4つあります。手首でリバウンドをとらえて2回跳ねさせるストローク、1打目はリストもしくは腕をつかい2打目はフィンガリングを使うストローク(ノーマル)、1打目はスティックを打面に落としそれに手を寄せた時にフィンガリングで2打目を鳴らすストローク(リバース)、ウィップモーションもしくはモーラーと呼ばれる奏法で行うストローク。この4種類です。
どのテクニックでもそうですが1打目と2打目ではストロークの種類が違います。ダブルストロークをキチンとマスターするにはこれらのストロークを知り練習する事が大切です!
よく吹奏楽出身者に見られますが、ひたすら2打づつ打つのを早くしていった…そしたら出来る様になった…
という人もいますがこれでは限界がある上にその他のテクニックへの応用も出来ません。
ダブルストロークに限らず色々なテクニックを習得する時は闇雲にやるのではなくそのテクニックのメカニズムを学びましょう。

 

(2016年9月17日(土) 13:14)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

音楽学校在学時からプロ活動!楽しく無理なく上達できる独自メソッドが魅力

大武悠真ドラムスクール
大武悠真 (ドラム)

天神/西鉄福岡・薬院・中洲川端・西新・六本松・桜坂

ブログ記事 ページ先頭へ