全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室福岡 ラブアンドピース・ドラムス スクールブログ ドラムソロ

ドラムソロ

ドラムを始めた頃は、「ドラムソロってどうやるんだ?」と疑問に思っていました。

今の僕なら、「ドンタンドドタン」からの「タカタカ~」ていうフィル
に移行する典型的なパターンでも、テンポ少し早めで、とか強弱つけたりする事で、立派なソロになるよ~と言えますが。笑。

しかし昔は、「とにかく派手で淒テクじゃなきゃソロじゃない!」みたいな感じで、なかなかそれが出来ない自分にもどかしい思いをしてましたね。笑。

今は、ライブの曲中でソロを取る事もあります。

とりあえず、基本的にはソロのフレーズは作り込みます。

フレーズの考え方は、曲中の場合だと「それまでの流れや、ソロの後の流れ」を意識します。

といっても、大体は「頭の中に思い浮かんだフレーズ」を採用することが多いです。

でも僕は欲張りというか理想が高いので、大体そのフレーズをすぐ叩くことは出来ませんが。笑。

なので、後は練習あるのみです。

浮かんだフレーズを叩いてみて、出来ない箇所を練習して、ちょっと微妙なフレーズは変更してみたり、などの繰り返しです。

そうこうトライしている内に、徐々に完成していきます。

なので今「ソロなんて叩けないよ~」、ていう人がいても安心してください。練習すれば誰でも出来るようになります。

少しずつ、頑張ってみてください!

https://youtu.be/__kupr7KQos

僕の好きなChris Colemanのドラムソロです。

カッコいいですね~。笑。

 

(2016年9月3日(土) 1:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ノリの良い先生につられて、あなたのやる気もワンテンポUP!

ブログ記事 ページ先頭へ