サイタ音楽教室ドラム教室大分 ラブアンドピース・ドラムス スクールブログ MEINL

MEINL

先日も書きましたが、MEINLのシンバルが非常に欲しい。
特に、Vintage PureシリーズのHi HatとRideが。
僕の好きなドラマー、Chris ColemanやBenny
GrebがMEINLシンバルを使用しているのを見て、「何て個性的な音なんだ」と衝撃を受けたのがきっかけです。
酸化やいぶし、といった表面仕上げによって、特徴的なルックス、叩いた時のフィーリング、枯れたような音、が作られているようです。
一般的なシンバルのキラキラした音ではなく、砂を擦り合わせた?様なしゃりしゃりした音が特徴だと思います。
Benny Grebはyoutube等でパフォーマンスを見る事が出来ます。
是非、シンバルの音、また彼の素晴らしい演奏を見てみて下さい。

 

(2016年8月31日(水) 17:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ノリの良い先生につられて、あなたのやる気もワンテンポUP!

新着記事

自分が獲得したい技術をまず自分で認識する。 それさえ見えれば、あとは毎日その達成に向けて 努力するだけです。

自分はどんな演奏がしたいのか。 常に自問自答する。 自分らしい演奏とは何か。 個性の追求。

SNS

TwitterとかInstagramとか、さまざまなsnsがありますが、そういうものに自分の演奏動画をアップするのも、上達の手助けになるかもしれません。 ライブハウスに行かなくても、ライブは出来ます。

とにかくやめずに続けること。 なかなか伸びない時期もありますが、諦めずに頑張ること。 昨日の自分より、少しでも成長していれば、良しとする。

クリックの声?音?を変える事の出来るメトロノームがあると思いますが、たまにそれを変えて練習すると楽しいですよ。 僕はよく、ワンツースリーフォーと声で言ってくれるタイプにして練習します。 2人で練習してる気がして愉快ですよ。笑 前にも書いたかな、この記事?笑

ブログ記事 ページ先頭へ