全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室宮城 プラス1・ドラムスクール スクールブログ 心・技 を風化...

心・技 を風化させないために

人間は忘れる生き物だということを、私たちは重々理解して生きています。

あまり使わなくなった口座の暗証番号、へそくりの場所、昨日の朝めしなどなど……。

日ごろから気にかけていなければ、ついに思い出せなかった!
なんてことにもなります。

例えば、楽器の技術や心構えなども、「日ごろ気には掛けているんだけど、あれこれ考えなくとも自分はすでにできているし、もういいでしょ。」


てな気持ちでいるときに限って、やってくるのがスランプ!

怖いですねぇ~ 


遂には、どうしても感覚を思い出せずできなくなってしまうことだってあります。


こういう すなわち意識の風化 を招かぬようにするには、常に向上心を植え付けておくことが大事なんでしょうね。
(言い聞かせてます 自分に…)

だから、私も どんな小さなことでも「おや?」と思うことは放っておかないことにしてます。大分前から


すると、不思議や不思議  自分にとって効率の良い奏法や、苦手としていたことについて、「気づき」が生まれます。必ず現れます。


今までやりたかったけど、ちょっと苦手だったジャンルやアプローチ、はたまた奏法など、「こういうことか!」

という発見により、とても良い気分に包まれるんです。


私のような未熟者にとっては、一生涯にわたり、気づきや発見を楽しめるというわけです。 いろんな意味で、こりゃ大変だ…。

今回のおまけ動画です。
指や手首の運動の規則性と、スティックに無理やり言うことを聞かせようとしないことがコツなんではないかと感じました。


 

(2016年8月31日(水) 12:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

スカパラメンバーと共演も!スティックの握り方からリラックスしてレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ