全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 優しく続けたい人の為のドラム教室 スクールブログ そのグリップ、...

そのグリップ、自分に合っていますか??

おはようございます。

ライブが続いていたり、ツアーになると、毎日演奏をしているにもかかわらず、基礎の面が荒れてくる事が今でもあります。

それを防ぐ為にボクは練習台もドラムセット一緒に運んでもらって、演奏前の楽屋とか滞在先のホテルで基礎練習を欠かしません。

基礎練習を毎日やる事で自分のプレイを毎日リセットする為でもあります。

そんな基礎練習ですが、一番注意深くやるのがグリップです。

ボクは曲の中で出したい音をコントロールするためレギュラーグリップに持ち替えたりフレンチグリップやアメリカングリップに代えたりします。

ただどのグリッでも代えない所があります。

それは支点を作る事。支点にズレが生じてしまうと、スティックが打面に対して真っすぐ落ちません。極力力の抜けたプレイをしておりリバウンドを意識してプレイしています。なので当然、角度の付いたスティックは反対側に角度が付いて跳ね返ります。

これが当たり前になってしまうと修正するのは難しいデスヨね。

どういう角度で跳ね返っているか自分ではなかなか分かりにくいもの、鏡の前でやるのも一つの手段です。是非一度チェックしてみて下さい。

ボクのレッスンではそんな所も修正のお手伝いをさせてもらってます。

コレは初心者の方の方が割とすんなり修正出来たりします。なぜならクセがついてないからです。

今日はkさん等も台風に伴い大荒れの予想、どうぞ皆さん起きを付けてお出かけ下さい。

では

 

(2016年8月22日(月) 8:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

オールジャンルに対応可能!きれいな音質と心に響くプレイが魅力のコーチ

優しく続けたい人の為のドラム教室
辰巳浩之 (ドラム)

新橋・渋谷・新宿・吉祥寺・大井町・明大前・下高井戸・下北沢・高井戸・富士見ヶ丘・三軒...

ブログ記事 ページ先頭へ