全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 優しく続けたい人の為のドラム教室 スクールブログ なんであんな音...

なんであんな音出るんですか?楽器が特殊ですか? いえいえそれはね。。。

皆さんおはようございます!

たまにドラムセットとかシンバル何使ってるんですか?なんであんな音が出るんですか?

って言うのを生徒さんとか、実際ライブにいらっしゃった方に聞かれます。

ちなみにボクのドラムセットは何の加工もしていない(あ、でもちょっとやってるかも。。。)普通の楽器です。

要はどんな音を出したいかで、チューニングと叩き方で表現してる様に思います。

特にスネアや、シンバルは叩く場所やスティックコントロールで大胆な程に音に変化が付きますからね。

どうやって音に変化をつけるか気になる方は是非ご一報下さい。

ドラムセットのチューニングに置いても音の高低と、サスティーン(音の長さ)には一番注意していまして、表側にヘッドと裏側のヘッドとの張り具合の組み合わせには特に強いコダワリがあります。

バスドラムやタム関係はなるべく自然んあサスティーンで音が途中で切れないようなイメージでチューニングします。でも、音が長くなり過ぎたら、曲によっては変ですよね。いや、むしろそっちの方が多いかも、、、

なのでボクはそのサスティーンの長さを叩き方でコントロールして自分の好きな長さにしている訳です。

ここまで来たらドラムは本当に楽しいです。

ちなみにドラムセットはCANOPUS シンバルはBosphorusを使っています。

今度詳しい内容もお伝えしますね!

ではでは!

 

(2016年8月21日(日) 8:45)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

オールジャンルに対応可能!きれいな音質と心に響くプレイが魅力のコーチ

優しく続けたい人の為のドラム教室
辰巳浩之 (ドラム)

新橋・渋谷・新宿・吉祥寺・大井町・明大前・下高井戸・下北沢・高井戸・富士見ヶ丘・三軒...

ブログ記事 ページ先頭へ