全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室兵庫 八田頼樹ドラムスクール スクールブログ これで完ぺき♪...

これで完ぺき♪初めてのスティック選び☆

はじめまして。

この度サイタでドラムレッスンをやらせて頂くことになりました八田と申します。

不定期ではありますが、初心者の方を対象としたドラム関連の記事を書いていこうと思いますのでどうぞよろしくお願い致します。

まず記念すべき第一回目はスティックについて。

僕のスクールページに記載している内容に若干の補足を加えて御説明させて頂きます。

[ドラムスティック]
太さ14㎜、長さ406㎜の物を基準に、長さや太さ、チップの形状等を自分の好み、プレイスタイルに合わせて選びましょう。

(太さついて)
一般的に太いスティックはパワーが、細いスティックはスピードを得られやすい。

(長さについて)
スティックが長いとシンバルやタム移動の際の腕を伸ばす量を減らせる為、2バスを始めとする要塞系セッティングでの演奏に有利。
逆に短い場合は3点セットや小口径ドラムセットでの演奏に適している。

(チップの材質)
主にウッドとナイロンの2種類があり、
ナイロンはアタック感のあるタムのサウンドが得られるのでロック向き。

(チップの形状)
ボール型、タマゴ型、ティアドロップ型などいつくかのバリエーションがありますが、
初心者の方には粒が揃いやすいボール型をお勧めします。

(スティックの材質)
主にヒッコリー、オーク、メイプルの3種類。

ヒッコリーが最も一般的でスティックのしなり、耐久性、共にバランスが良くオールジャンルに対応。

メイプルはヒッコリーに比べて軽く、ライドシンバルの美しい音色を引き出すのに長けている。ジャズ向き。

オークは重く、しなりが無いので慣れるまで少しクセはあるが耐久性が高くロック向き。

その他の材質としてはアヘッド社の金属製の物がございますが今回は初心者を対象とした記事ということで割愛させて頂きます。


こんな感じで簡単ではありますがスティック選びの際のいくつかのポイントを書かせて頂きました。

勿論、これは1つの目安であって
太く長いスティックを使って高速なプレイをするドラマー、細く短いスティックでパワフルなプレイをされるドラマーも居ます。

あなたが良いと思ったスティックを迷わず使いましょう☆

好きなドラマー、憧れのドラマーのシグネチャーモデルを使うのも良いでしょう。

因みに僕はジルジャンから発売している師匠のスティック(菅沼孝三モデル)を愛用しています。


日本の住宅事情からなかなか自分のmy楽器、
my機材を持ちにくいドラマーにとって
スティックは一番最初に手にするmy機材だと思います。

一杯悩んで、

一杯試して、

自分にぴったりのスティックを探しましょう♪

長文になりましたがスティック選びの際の参考になれば幸いです。

でわまた☆

八田








 

(2016年8月7日(日) 20:11)

次の記事

この記事を書いたコーチ

あの世界的ドラマーの教え子!的確な指導と秘伝の自宅練習法で短期上達も

八田頼樹ドラムスクール
八田頼樹 (ドラム)

東加古川・御着・姫路・竜野・相生・余部・播磨新宮・佐用・野里・溝口・八家・山陽網干

ブログ記事 ページ先頭へ