全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 Tedドラムスクール スクールブログ 音楽に景色を彩...

音楽に景色を彩る打楽器

つい先ごろ、ライブを見に行ってきました。ボーカル・ギター・ピアノ・パーカッションという編成です。
ジャンルとしてはアドリブがあるという意味で「ジャズ」といってもいいです。
また、ボサノバやサンバなどのリズムも取り入れていました

パーカッションは、ドラムセットではありません。

よく、ドラムの代わりにパーカッション(特にカホンなど)を叩いてーって頼まれるときがあるんですが、カホンってそんな簡単なもんではありません。

しかし、自分の幅を広げるためにも、依頼は受けていますし、カホンはよく練習しています。もちろん研究のためにもライブを見に行って。

今回、見に行ったライブはカホンをメインに、コンガ、ジャンベ、その他いろいろのパーカッションセット、見ているだけでテンション上がります(笑)

打楽器は(ドラムも含め)単純な楽器なだけに、叩き手の思いがよくわかりますね。

このライブでは「楽しい」っていう感覚が最大限にお客さんに伝わり、会場全体を「楽しい」ハッピーな空間にしていました。

歌詞の「冬の・・」と出たらスレイベルを鳴らし冬のイメージを演出
かと思えば、森の中のような音、風が吹いてるような音(もちろん、私が感じたイメージですが)を鳴らし、あたかも情景が目の前に浮かんでくる。

これは打楽器でしかできませんね。

ドラムセットではここまで多種多様な音は出ませんが、似たようなことはできます。

譜面通りに、ただ叩くのではなく、音楽にあわせてドラマティックに演出をしていきたいものです。

また、いい刺激を受けましたー。

音楽に景色を彩る打楽器

(2016年7月24日(日) 15:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

本業はドラム制作!物知りな先生が基礎から指導。短期間でライブデビューも

ブログ記事 ページ先頭へ