全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室兵庫 カツ.jp ドラムスクール スクールブログ 星空スタンド。

星空スタンド。

昨日は難波パークスで開催されている星空スタンドで「地下道を往く」というバンドで屋台の前で演奏をしてまいりました。
星空スタンドという名前からもわかるように野外!
野外の演奏で気を付けないといけないのが…

壁がないw

これは実は笑えなくて、壁と天井がないと音の反響がないので、自分の音や周りの音が非常に聞こえにくい。
逆に雑音多数。
モニター環境がしっかりしていれば問題ないのですが、野外だと機材の関係でそうもいかないことが多々有ります。
どうやって対処すればいいのか?
これは経験を積んだり技術力をアップしたりもあるのですが、一番重要なのはアイコンタクト!
そして空気を読むスキル!
基本フロントメンバーは客席を向いて演奏しているのですが、なんかあった時や、「ここは合わせて欲しい!」と思った時は振り向いてくることが多いです。
そこを見逃さないようにライブ中は常に集中して会場全体を包み込んであげましょう。
なんかあっても「大丈夫。俺がいるから。」という気持ちを持って演奏しましょう。
ドラムに必要なのは安心感。
常に笑顔で余裕を持ちましょう。
内心焦っていても表に出さないようにw

しかし、昨日は本当に楽しかった。
調子乗ってかき氷を二杯も食べてしまったw
「地下道を往く」の写真と「かき氷」の写真です( ´ ▽ ` )ノ

星空スタンド。星空スタンド。星空スタンド。

(2016年7月19日(火) 18:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

全国ツアーなど精力的に活躍。熱さピカイチの先生がゼロからサポート

ブログ記事 ページ先頭へ