全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室宮城 プラス1・ドラムスクール スクールブログ ミュート効果が...

ミュート効果が… 

正直、お手上げでした。(~_~;)

7/18に行われた、前回のライブでもお世話になったピアノ・バイオリン教室の25周年記念発表会のお仕事。

生徒さん方の発表前に講師のみなさんと私が演奏を披露する形でありました。

この日はバイオリンの先生も参加して、本格的な『情熱大陸』になるであろうことを、私も楽しみにしていたのですが、最大の問題は曲のアレンジでもリハの完成度でもなく、音でした。

特にドラムの出音たるや、輪郭を持たぬ音が、次々に重なり合ってぼやけたまま渦を巻く状態(音量も問題でしたが)という残酷なシチュエーションでした。

これ、何が原因かというと、天井の高さなんです。


この日のホールは、宮城県文化センターの300人規模の会場でした。
何度も言うようですが、天井が高い!

そして高い。

もうちょっと高い。


これまで、4~500人規模のこの手のホールでのライブは頻繁に行っていた時期もあり、その都度PA(音響さん)がサウンドを管理していましたので、それほど心配もしていなかったんですが、PAなどなく、出力の大きいスピーカーもないのです。


もちろんモニターもありません。演奏者の出音はコンマ5秒くらい遅れて出てきます。
ピアノなどは、鍵がピアノ線を叩くタイミングを見るしかないんです。


それでも細心のタッチ?で何とか演奏を終えました。


我が愛器は、おかげでガムテープだらけの痛ましい姿となったのでありました。

ミュート効果が… ミュート効果が… 

(2016年7月19日(火) 12:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

スカパラメンバーと共演も!スティックの握り方からリラックスしてレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ