全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 Tedドラムスクール スクールブログ ライブ初挑戦!

ライブ初挑戦!

ライブ、初挑戦・・、自分のことです。

先週土曜日、ジャズバーでのライブ。
今回のライブ当日は時間がなく、ドラムをセッティングする時間があまりなかったので、
思いっきてカホンをメインとしたセットにしました

セッティング、楽チン!
しかし、本番は楽じゃない(笑)

カホンをライブで叩くのは初めてではないですが、JAZZのバンドでは初めて!
いやいや、一生懸命感は伝わったと思います(笑)


よくドラムをしていると「カホンなんてすぐ叩けるでしょ?」って言われるときあります。
現実は・・そんな甘いもんちゃう(笑)

ドラムは足があるけど、カホンは足がないのに、手だけでドラムセットの表現を求められるところがあって、大変!

低音(バスドラ)スラップ音(スネア)タッチ(ハイハット)それらの音を使い分けて
リズムパターンを作ります。

当日はジャズでしたので、ハイハット、ライドシンバル、スネア、13インチタムタムを持って行って安全策をとりました(ほとんどドラムセット・・・)

ドラムセットならば、何も考えずに自由に会話をするように音を出すことができますが、
カホンの場合はまだ考えないと動かない!

あたらしいことに挑戦するのって刺激的ですね!
カホンをプレイするようになってからドラムセットの向かい方も変わってきました
精錬されるというか、余計なことを叩かず、シンプルでありながらポイントを抑えるという感じに。。


角度をかえてドラムのプレイを見ることができます。

おかげで、もっとドラムを叩くのが楽しくなりました!

ライブ初挑戦!ライブ初挑戦!

(2016年6月24日(金) 0:47)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

本業はドラム制作!物知りな先生が基礎から指導。短期間でライブデビューも

ブログ記事 ページ先頭へ