全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #2,040 ...

#2,040 (6/3)~ドラムを始めたら♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

昨日の長時間仕事の影響か、体調があまり良くありません。夜中に録音を終え帰って2時間程しか寝れず、今日は朝から夜までレッスンでした…(>_<)。
ミュージシャン生活は一般的に理解出来ないので仕方ないです(^_^;)。

さて、ドラマーなら必然的に順に色んな機材が欲しくなるもの。
最初はスティックから始まり、スティックケース~フットペダル~スネア~等々…

ブログでも何度も言ってきましたが、ドラムを始めたなら最初に必ず持っておいてほしいのは、この3つ。
①チューニングキー
②メトロノーム
③接続ケーブル
(画像)

①チューニングキーは単にヘッドを張るだけではなく、セッティング時に必ず必要なアイテムです。
普通、他人が使った後のセットは自分と合わないはず。何もせず座るだけは絶対にダメです。
チューニングキーはフットペダルやタムホルダー等の調整にも欠かせません。ドラムをセッティングする時には必ず使うように持っておきましょう。

②メトロノームは練習時に必要なアイテム。メトロノームを使ってない方は好きなテンポでしか叩かず、一定したパルスを意識しないので上達しません。必ずこれを使って練習し持っておきましょう。

③接続ケーブルはメトロノームやスマホ、音楽プレイヤー等をミキサーに繋ぎスピーカーから音を出す時に使用します。最初からケーブルを置いてあるスタジオもありますが、自分自身で持っておくと便利です。
(ミキサーの事が分からない場合はスタジオの方に聞いて覚えましょう)

ヘッドホンで聴きながら演奏する方もおられますが、ドラム自体の音をしっかり聴く事が出来ないので、極力スピーカーから音を出すようにしてほしいです。

あえて口に出して言ってませんが、レッスンで生徒さん一人一人を見ていると、順にアイテムが増える方と、そうでない方の違いが明確です。中にはスティックケースを自分で作った生徒さんもいますからね♪ある意味上達バロメーターかもしれません。


P.S.1
私の母校である音楽専門学校で行いました特別セミナーが学校HP(トピックス)にアップされてます。

●CAT TOPICS【ドラム】金澤佳幸氏 特別授業
http://www.cat.ac.jp/topics/5834-2016-05-23-07-29-58.html

P.S.2
私が演奏している「Traps Drums」の動画がYouTubeにアップされてます(^_^)/
(再生回数が1,000回を越えてます♪)
サイレント・シンバル「Zildjian/Low Volume」と消音ヘッド(メッシュヘッド)「SILENT STROKE」との組合せで自宅等で練習可能な活用法も紹介してます。
ご覧になってない方は是非見てください(^_^)

●Traps Drums A400NC【Sound Check】
「クリア→コーテッド→解説→メッシュ」
https://www.youtube.com/watch?v=F-G_kRlvebI&list=PL9wTBO_1pSejZ6U0sGFfs8zw2dsdNnOx4&index=1

#2,040 (6/3)~ドラムを始めたら♪

(2016年6月3日(金) 1:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ