全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #2,018 ...

#2,018 (5/12)~譜面が苦手な方は♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

Wincentスティックがかなり人気で私の在庫もほぼ無くなりそうです(^_^;)。特に人気な5A(ヒッコリー)と55Fは楽器店にもありません。来週にはメーカーより納入予定~。

さて、譜面が苦手な方が多いので、改めて理解しやすいよう分かりやすく画像を使って説明したいと思います。

①まずは拍を感じる事から
画像一番上の赤い四角枠を見てください。4/4は4分音符が4つある意味。ドラムは上半身/下半身の譜面に分かれるので上半身4つ(4拍)、下半身4つ(4拍)、計8個の四角が1小節の中に存在している事を意識し、拍を感じましょう。

②リズム・パターン
画像中央は①の8つ分の四角内にリズムパターンを入れた譜面。必ず拍内に1拍分の音符が書いてあるのが分かると思います。叩いていない拍には音符ではなく休符が付きます。

③フィルイン・パターン
フィルになっても基本は同じです。なので譜面を読む時は拍ごとに理解していくようにしましょう。
そうするとフィルの手順も見えてきます。
RLRL / R RL / RLR(足) / R(L)同時

何より拍を感じる事が大事。実際には見えない境界線のようですが、譜面を読みやすくするポイントになります。


P.S.1
熊本・大分の皆様にドラマーでも出来る支援として、ドラム・メーカー㈱pearl(パール)が「被災地復興支援チャリティー・ステッカー」を販売してます。
このステッカーの売上利益金の半分が熊本地震災害義援金窓口に寄付されます。生徒の皆様からも被災地への暖かいご支援ご協力をお願い致します。

http://www.pearlgakki.com/_blog/?p=25233

※販売はWeb Shopのみ、上記サイトにアクセスし下の方にある「pearl web shop」で購入しましょう。


P.S.2
私が演奏している「Traps Drums」の動画がYouTubeにアップされてます(^_^)/
サイレント・シンバル「Zildjian/Low Volume」と消音ヘッド(メッシュヘッド)「SILENT STROKE」との組合せで自宅等で練習可能な活用法も紹介してます。
ご覧になってない方は是非見てください(^_^)

●Traps Drums A400NC【Sound Check】
「クリア→コーテッド→解説→メッシュ」
https://www.youtube.com/watch?v=F-G_kRlvebI&list=PL9wTBO_1pSejZ6U0sGFfs8zw2dsdNnOx4&index=1

#2,018 (5/12)~譜面が苦手な方は♪

(2016年5月12日(木) 0:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ