サイタ音楽教室ドラム教室東京 バシリズム・ドラムスクール スクールブログ ドラム上達には...

ドラム上達には欠かせない「ちょい筋トレ!」

こんにちは!バシリズム・ドラムスクールの船橋です。

新年度、新しいことをはじめるにはぴったりな季節となりました。
私は最近、譜面を書くという作業を「紙とペン」から「コンピューター」へ移行するため、日夜試行錯誤をしております!

さてさて今回のお題は
「ドラム上達には欠かせない(ちょい)筋トレ!」

皆さん筋トレしてますか~!!!
ジムに通っている方はもちろんやっていると思いますが、そうじゃない方は日常的に筋トレするってなかなか続けるのが難しいですよね。

しかし!もし「筋トレをしたらドラムがうまくなるよ!」と言われたら、どうですか?
筋トレするモチベーションが上がるのではないでしょうか。

実際に効果があるのかというと、もう3年以上「ちょい」筋トレをしている私の経験から言わせていただくと「とっても効果的!」

特に「腹筋」「背筋」のトレーニングは筋力に自信のない(私のような笑)ドラマーにはぜひオススメしたいです。

理由は単純明快!ドラムは両手両足を使ういわゆる「4way」を駆使して演奏しますので、それは安定して続けるにはブレない「体幹」が重要になります。
その「体幹」を作るにはカラダを支える筋力、特に「腹筋」「背筋」が絶対的に必要なのです。

もともと筋力がある人や、バネのようにしなやかな身体を持っている人はあまり必要ないかもしれません。
ですが、特に私のような華奢な「キャシャリン体型(爆)」の人はぜひ筋力トレーニングを日課に取り入れてみてください。

いきなり回数を増やしてやると挫折すると思いますので、無理のない回数で継続して行いましょう。

私の日課は、寝る前に「腕立て(または拳立て)30回」「腹筋30回(ヒネりを加えて)」「背筋30回」を行ってます。

え!たったこれだけ?と、思う方もいらっしゃると思います。
いいんです、これだけで。
ただし、じっくり1回1回に負荷をかけてください!
勢いをつけすぎたり軽くやるとあまり効果はありません。

実際プロドラマーで筋トレしている方は多いです!
先述の安定した4way維持のため、そして激しい音楽をやる方にはそれに耐えうる持久力。
ドラムの練習は当然必須ですが、筋トレをやっていない方は取り入れてしばらくすると、演奏中の身体バランスが良くなっていくことを感じると思います!
お試しあれ~♪

レッスンでは生徒さんの希望に応じて、あらゆる角度からアドバイスしていきます。
体験レッスンもお待ちしてま~す^^

 

(2016年4月12日(火) 17:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

お兄さん的存在!ハートフルなアドバイスと「いい音色」を目指す

新着記事

皆さんドラム楽しんでますか~ まだはじめてない方はいますぐはじめましょう(笑) というわけで今回のテーマは目指せ脱初級者! 「初見能力アップに欠かせない手順のセオリー」 ピアノの楽譜にも運指番号が書いてあるように、ドラムもスムーズに演奏しやすい手順があります。 特にバンドスコ...

今回のコラム!お題は 「ポジティブ練習法」 以前テレビでゴルフのレッスンプロの方が行っていたのを参考に、自分のレッスンにもアレンジして取り入れています。 生徒さんにも普段の練習としてオススメしていますのでザックリとご紹介します! ●「できない」を繰り返すとスラン...

おかげさまでバシリズム・ドラムスクールが、コーチアワード2017ドラム部門にて受賞しました! 「コーチアワード2017」とは… 「サイタ」にて、2016年4月〜2017年3月の期間中に、レッスン実施数や継続率、入会率等を指標とする「受講生満足度」が特に高いコーチを20名選出し、表彰。 ...

こんにちは!バシリズム・ドラムスクールの船橋です。 新年度、新しいことをはじめるにはぴったりな季節となりました。 私は最近、譜面を書くという作業を「紙とペン」から「コンピューター」へ移行するため、日夜試行錯誤をしております! さてさて今回のお題は 「ドラム上達には欠かせない(ち...

こんにちは!バシリズム・ドラムスクールの船橋です。 音楽は普段ロックばかり聴いていた私ですが、最近の仕事の影響もありジャズ、特にビッグバンドに魅力を感じてます。 これを機にジャズに対する苦手意識を克服したいものです(^^;; さて、今回のお題は 「タイム感向上計画〜リズムの...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ