全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ 音楽ソフトを使...

音楽ソフトを使ってみよう

※初心者の方はブログを最初からじっくり読んでみてください。

※TAKIMOTOのライブ情報はこちら


みなさん曲を流しながらそれに合わせてドラムを叩く練習をすると思います。

その際、曲の出だしで入れなかったり長いブレイクのところでズレたりしますよね。

これはクリック(メトロノーム)が鳴っていれば一発で解決します。

ですので私は音楽ソフトを使って練習用の曲の音源にガイドのクリックをつけています。


私の生徒さんが練習で使う音源にもクリックをつけて、それを練習用教材として使ってもらっています。

クリックが鳴ることでしっかりと拍を意識することができ演奏の精度が上がりますし、日頃からクリックを聞きながら演奏をすることに慣れておくとレコーディングなどでとても役に立ちます。(最近はレコーディングではクリックは必須ですから)

みなさんも是非クリックありで曲練習をしてみてください。


とはいえ...


曲にクリックをつけると一口に言ってもやはり音楽ソフトが使いこなせなければできません。

そうなるとパソコンが苦手な人は一気にハードルが上がりますね。


ただ長い目で見て音楽ソフトを使えるようになっておくととっても得なんですよ。

こういった音源の編集はもちろん、作曲やアレンジにも当然使えますし、録音もできますし、なんだったら音源制作をすべてソフト内で完結してCDクオリティの音源を作り上げることもできます。

しかも今はありがたいことに無料で手に入る音楽ソフトの簡易版がいくつもありますからそういったソフトを手に入れて是非一度音楽ソフトとはどういったものかを体験してみてください。


先入観で「音楽ソフトなんて無理」「自分には必要ない」と決めつけてしまっている人が結構多くて残念ですが個人的な意見としては練習を重ねてドラムが上達するより音楽ソフトを使いこなすことの方がはるかに簡単です。

オープンマインドで是非チャンレジしてみてください。


■追記
先日生徒さんには「Pro Tools | First」(無料)を勧めました。

音楽録音・編集ソフトとして「Pro Tools」は世界標準ですからね。

簡易版の「First」で使い方を覚えておいて損はありません。

 

(2016年4月7日(木) 14:16)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ