全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室埼玉 大輔のドラムスクール スクールブログ シュガーソング...

シュガーソングとビターステップ(UNISON SQUARE GARDEN)を叩こう!

16ビートになると、8ビートは違って勢いだけで叩くのは難しくなります。

ガンガン叩くのではなく、きちんと16分音符を意識しながら叩かないとバンドで合わせて演奏をするのは困難に近いでしょう…。

まずは「どこを」「どの手(足)で」「どのように」叩いているのかをきちんと理解する事です。

今回、私が参考にした曲は【シュガーソングとビターステップ(UNISON SQUARE GARDEN)】です。

と言っても、前回の完全感覚ドリーマー同様でイントロだけをピックアップして叩き方を解説しています。


URLをコピーして見てください。

https://www.youtube.com/watch?v=mNcnnyvGfi4




私が思う「ドラムで大切な事」は、自分が出す音をきちんと理解しているか。

「スネアを8回8分音符で叩いて、クラッシュシンバルを叩いて8ビートになって…」

という認識でもかまいませんが、それだと大変です(;´・ω・)

なので、こういう風に覚えていきましょう。

「タカタカタカタカ」←スネア8回

「ドンタンドドタドッドタンドドタン」

みたいな感じで、叩く音やビートを頭の中、もしくは口で歌ってあげましょう。

音符が読めなくても、聞いた音を口で歌うのは照れをなくせばできるはずです!

自分なりの解釈で構いません。

ド チ タ チ でも ド ツ カ ツ でも 自分が分かればOKです!

ハイハットシンバルなど重なった音を表現するのは難しいですが、そこは「バスドラと同時」などの認識が自分にあれば大丈夫です。

早く上達したいと思ったら、恥ずかしがらずに口に出してドラムを歌いましょう!

 

(2016年3月31日(木) 0:50)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

エルレやホルモンとも共演!上達するプロセスを一緒に楽しみながらレッスン

大輔のドラムスクール
中山大輔 (ドラム)

池袋・北朝霞・南浦和・川越市

ブログ記事 ページ先頭へ