全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,950 ...

#1,950 (3/5)~収録~その三♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

「Traps Drums」収録レポ、3回目です♪
(画像参照)

①バスドラムについて
収録時にも紹介していますが、Trapsは電子ドラムと違い振動が少ないのが特徴。理由としてバスドラムがラックに固定されている事です。実は少しだけ地面から浮いてます。本来の"鳴り"を出す為に設計されたと思いますが、サイレント効果としても素晴らしい効果です♪

②スネア単体でのサウンド
収録はセットだけではなく、スネア単体でのデモ演奏も録音しました。これはスネアだけでも販売しているからで、サウンドが分かりやすいようにリムショットなど色んな演奏をしました。

③コーテッド・フロントヘッド
コーテッド・ヘッドの時はバスドラムのフロントヘッドもコーテッドにしてます。ただし、これと同じTrapsの大きいロゴが入ったヘッドは販売していないので悪しからず(ホールも空いてません)。

④スプラッシュ・シンバル
収録ではハイハット・スタンドの上にスプラッシュ・シンバル(8")をセッティングしてます。これはハイハット・クラッチを逆さにし、スプラッシュ・シンバルを挟んでます。余分にシンバル・スタンドを立てる必要がなく、ハイハット・ペダル・ワークにも影響しません。オススメのセッティング方法です♪

その他
各シンバルに付いているシンバル・ワッシャーはTrapsのカラーに合わせて「CIMPAD」の青をセッティングしました。ハイハット・クラッチのワッシャーは自作です♪

スティックは、もちろん「Wincent」を使用。普段は55Fですが、収録では5Aを使いました。
「Gig Grip」等のアイテムは今回の収録では使用しませんでした。

#1,950 (3/5)~収録~その三♪

(2016年3月5日(土) 0:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ