サイタ音楽教室ドラム教室東京 スピーディーNOROドラム教室 スクールブログ スティックの材...

スティックの材質 その2

もう10年以上私のメインスティックは木ではありません。(^_-)

以前スティック選びのコツをお伝えしましたが、私自身の選定基準がどんどんシビアになり

散々時間をかけて合格ラインの物が見付からず何も買わずに帰る事もしばしばとなりました。(−_−;)

またチップの消耗具合を気にして常に予備を沢山持っているのも煩わしくなって来ました。

何故なら状況によって3〜4種類のスティックを使い分けるからです。

それらを何ペアも持っていると結構な量になります。

スティック以外にもワイヤーブラシ、マレットも複数使い分けますから市販の一番大きなスティックケースがパンパンになってしまうのです (>人<;)

私がメインで使っているスティックは金属バットの様に軽合金が中空になっており、かなりのパワーショットをしても全くブレません *\(^o^)/*

木のスティックの時は1ペアのベストコンディションはせいぜい2週間でしたが、軽合金のスティックは折れるまでに3年から5年以上かかります。

買う時はかなり高い感じですがコストパフォーマンスや森林を守る事を考えると結構良いかなぁと思っています。

まぁ金属加工で消費するエネルギーとかを考え出すと眠れなくなりそうですが(⌒-⌒; )

あと極論ですが「スティック」として売られている物以外にも掘り出し物が有ったりします。 (^.^)

求める音色を出してくれる物は何か!

皆さんも先入観に囚われず自分の要求にしっかり応えてくれるスティックを探し求めて下さいね〜 (^_−)−☆

 

(2016年2月29日(月) 19:20)

前の記事

次の記事

新着記事

ドラムが本当に上手くなりたい方は是非とも「ワイヤーブラシ」を手に入れましょう ☆〜(ゝ。∂) 入門編としては、なるべくワイヤーが柔らかい物を選びます。 スティックの様なリバウンドが無いので積極的なコントロール力が身に付きます。 また、正確にヒットしないとマトモな音が出ないので...

もう10年以上私のメインスティックは木ではありません。(^_-) 以前スティック選びのコツをお伝えしましたが、私自身の選定基準がどんどんシビアになり 散々時間をかけて合格ラインの物が見付からず何も買わずに帰る事もしばしばとなりました。(−_−;) またチップの消耗具合を気にし...

大きく分けて木とそれ以外の物が有りますが、先ずは一般的な木のスティックから(^_-) 【ヒッコリー】 1番ポピュラーです。最初のスティックはヒッコリーを選ぶことをお勧めします。 【オーク】 ヒッコリーよりも重たい材質です。シンバルのレガート音はヒッコリ...

初めてスティックを買う時はどうすれば良いでしょうね。 先ずは標準的なサイズの物を手に取って見ましょう。 長さ400mm 太さ14mmくらいを探してみましょう。 気の利いたお店ならば練習台が置いてありますので軽く振ってみましょう。 大体の感じが掴めたら、少しサイズの違うス...

演奏が速くなる(走る)時、反対に遅くなる(もたる)時 人によっては必ずどちらかになる場合と状況によって色々という場合があると思います。 どちらの場合も自分の演奏を録音し後で冷静に検証してみて下さい。 もしかしたら周りの演奏に引きずられている場合もあるのです(^^;) で...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ