全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室福岡 大武悠真ドラムスクール スクールブログ 音楽を演奏する...

音楽を演奏するには

今日はドラマーの重要な役割であるテンポキープにふれてみたいと思います。

まず最初に考えて欲しい事はテンポキープってなんで必要?という事です。

アンサンブルしにくいからと答える方も結構いますがオーケストラの演奏はテンポがコロコロ変わります。ポピュラーの曲でも例えば
マライアキャリーのHeroは途中でritがかかりその後インテンポに戻ります。タワーオブパワーのwhat is hipは最後ライドシンバルになってからテンポがあがります。

つまりテンポキープはアンサンブルをし易くする為だけのものではないのです。

その答えはきっと好きなCDをかけて、それに合わせて踊ってみるとよくわかると思います。一定のテンポで揺れていると踊ってて気持ち良いのです。上記で挙げた例の曲達も一定のテンポがあったうえでテンポを変えるから気持ち良いのです。
この音楽を聴いて気持ち良いと思う感覚をまず持つ事が本当の意味での音楽を演奏する事に繋がると思います。

 

(2016年2月24日(水) 12:37)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

音楽学校在学時からプロ活動!楽しく無理なく上達できる独自メソッドが魅力

大武悠真ドラムスクール
大武悠真 (ドラム)

天神/西鉄福岡・薬院・中洲川端・西新・六本松・桜坂

ブログ記事 ページ先頭へ