全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 drumstarts スクールブログ 現在の私自身の...

現在の私自身の活動について。

こんにちは、コーチのりえです。

今回は私自身の最近の活動について書いてみますね。
現在バンドでの活動は調整期に入っているのですが、ドラマーとしての活動にプラスして「カホン」という楽器でアコースティック編成の演奏に挑戦しています。

カホンを知らない方に補足。
長方体の木の箱に穴が開いていて、上に座って叩くスタイルのものが一般的なカホンです。
叩く面の裏側にはスネアドラムに張られているスナッピーやギターの弦など、響き線が張られています。
ザラリとしたスネアドラムに近い音色と、ドスンとしたバスドラムに近い音色を中心に、叩く箇所によって異なる音を使い分けられるペルー発祥の楽器です。
フラメンコの伴奏などにも使われます。

私自身はフラメンコのバックで叩いたことはありませんが、ロックやポップス、ボサノヴァなど複数ジャンルに対応しています。
音色はドラムと比べると限られますが、リズムに寄る要素が大きいのでカホンはカホンで面白みがあります。ドラムと違って河原など屋外で練習できるのも利点ですね。外での練習は寒いですが開放感があります。

アコースティック編成では、チケット制のバーでのライブも決まっていますが、細かい話はまた次回。

カホンのスクール開設も目指して頑張ります!ww

 

(2016年2月19日(金) 9:41)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

グルーヴこそドラムの命!初心者でも大歓迎、手作り教材で全力サポート

drumstarts
RieNishino (ドラム)

渋谷・溝の口・下北沢・三軒茶屋・駒沢大学

ブログ記事 ページ先頭へ