全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,935 ...

#1,935 (2/19)~何度も言ってきてるタムホルダーの続き♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

私がオススメしている「Traps Drums」。生徒さんにも人気で既に3セット注文が入りました♪まだ特別セミナーもしないのに凄いです(^_^)/
海外メーカーなので納品に時間がかかります。気になる方はお早めに~。

さて、タムホルダー・セッティング今回はYAMAHA編です。
前にも言いましたが、無理矢理ホルダーを動かそうとする方。楽器を大切にしない人には正直怒りを感じます!楽器が触れない人に叩く資格なし、ドラムをするなら絶対に楽器の仕組みを知りましょう。

(画像参照)

YAMAHAのタムホルダーで動かすボルトは3ケ所(赤丸部分)です。

①このボルトはホルダー全体の高さと横に回転出来る部分。パールと違いYAMAHAは1本しかありません。一番最初にここを上げておくのがポイントです。

②このボルトはホルダーの角度を変える部分。球体になっているので割と自由に動かす事が可能です。必ず緩める時は片方の手でタムを持ちましょう。

③ここはタムホルダーではなく、タム自体のボルトです。六角になっているので横には動きません。少し距離を調整します。パール同様に伸ばし過ぎると外れてバスドラムに当たってしまうので注意。

画像の矢印は各動きを表してます。よく見て実際のセッティングで覚えてください。

#1,935 (2/19)~何度も言ってきてるタムホルダーの続き♪

(2016年2月19日(金) 0:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ