全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ メンタルコント...

メンタルコントロール(のようなもの)2

※初心者の方はブログを最初からじっくり読んでみてください。

※TAKIMOTOのライブ情報はこちら


私が実践しているメンタルコントロール(のようなもの)について書いています。

私はメンタルコントロールについて正式に教育を受けたわけではありません。

あくまで自分でやってみていい結果が得られたものをご紹介していくというスタンスです。

ご自分でも試してみて合うようなら是非やってみてください。


■『開き直る』


・・・

・・・

・・・


開き直りかよ


はい、そうですwww

もはやメンタルコントロールとすら呼べないかも知れませんが、私は結構大真面目に書いています。


大事な本番前に死ぬほど緊張してガチガチになってしまった時どうするか。

私は


別に命取られるわけじゃなし

失敗したら失敗した時だよ

ははは



と開き直ります。


ドラムの演奏をミスったところで命を落とすことはありません。

これが兵士や警官や消防士やパイロットやレーサーならミスが即命取りになることもありますし、医者なら手術中のミスで患者さんを死なせてしまう可能性もあります。

それに比べれば大したことないんですよ。

ミスッたってせいぜいその現場をクビになるだけのこと。


友達のミュージシャン達にいろいろ聞いてきましたが、みんなそれぞれあちこちの現場でやらかしてクビになった経験を持っていますけど、今でも立派に音楽家として活躍しています。

失敗しないことも素晴らしいけれど、大事なのは失敗を繰り返さないようにすることと、しっかりと挽回することでしょう。


ミスッたって死にゃしません。

ドーンといきましょう。

 

(2016年2月18日(木) 14:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ