全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ メンタルコント...

メンタルコントロール(のようなもの)1

※初心者の方はブログを最初からじっくり読んでみてください。

※TAKIMOTOのライブ情報はこちら


私が実践しているメンタルコントロール(のようなもの)について書いています。

私はメンタルコントロールについて正式に教育を受けたわけではありません。

あくまで自分でやってみていい結果が得られたものをご紹介していくというスタンスです。

ご自分でも試してみて合うようなら是非やってみてください。




私は若い頃、ライブの本番が近づくとガチガチに緊張してしまって、普段なんの問題も無く叩けている曲がボロボロになってしまう...

なんてことがしょっちゅうありました。


「普段は叩けているのに本番の時だけダメ」ということは技術的な問題ではないわけですから、メンタル面の改善(=緊張を取り除く事)をしようと思ったわけです。


では緊張を取り除く方法をいくつかご紹介します。



■『慣れる』

誰でも慣れている作業は緊張しません。

朝の洗顔や歯磨きで緊張する人はいませんよね。

であるならばライブに慣れてしまえばいい、と単純な私は思ったのです。


ライブに慣れるにはひたすら本数をこなすこと。

幸い私がアマチュアだった時代には原宿の歩行者天国(通称:ホコ天)で毎週ライブをできる環境がありました。

そこで毎週ライブをやることで、トータルして1年間で軽く200本以上のライブをやりました。

さすがにそれくらい数をこなすとライブにも慣れますね。

事前に緊張することもなくなり心から楽しんでライブをやることができるようになりました。


もちろん今でも初めての現場では緊張することはあります。

ですが以前のようなガチガチに緊張してボロボロになるようなことはなくなりました。


とはいえ「ライブ本番をそんなに数多くこなせないよ~」という人がほとんどだと思います。

そういう人は是非イメージトレーニングをやってみてください。

大勢のお客さん
会場の熱気
派手な照明

などなど、できるだけ具体的にライブ本番のイメージを作ってその中に没入し、本番さながらの意識状態を疑似的に作るのです。

そしてその状態でいつもの曲を叩いてみましょう。

ミスッたら曲が台無しになるかも知れません。
その現場をクビになるかも知れません(笑)。

そういう状況に自分を追い込んで演奏をしてみるのです。

単なる曲練習がいきなりライブのシミュレーションになります。いつもと違う緊張感の中でする演奏はきっと新鮮だと思います。

是非試してみてください。

 

(2016年2月17日(水) 14:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ