全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ 想像もできない...

想像もできない緊張感

※初心者の方はブログを最初からじっくり読んでみてください。

※TAKIMOTOのライブ情報はこちら


今回は珍しくゴルフの話。
ゴルフに詳しくない方はすいません。
私もゴルフはやらないんですけど、すごいことだったのでブログネタとして取り上げました。



プロゴルファーの松山英樹選手がアメリカーツアーで優勝しました。2勝目です。

世界でもしっかりと成績を残せる松山選手、本当に強い選手だと思います。


私はこのことをネットのニュース記事で知ったのですが、もう読んでるだけで心臓がバクバク鳴りました。


『首位に立っていたファウラーが1オン可能な17番(パー4/332yd)で、ティショットをグリーン奥の池に落としてボギー。2打差につけていた松山はバーディを奪い、追いついた。18番では松山が5mのバーディパットを沈め、ファウラーもバーディを取ってプレーオフに突入した。』(YAHOO!ニュースより)


これ、サラッと書いてありますけど


18番で5mのバーディパットを決めたんですよ?!


ちょっと想像してみてください。


18番というのは最終ホールです。

ここでミスッたらせっかく首位に並んだのに全てが水の泡となります。

しかもこの大会の優勝賞金は117万ドル!!!!

それも逃すことになります。


そんな中、最後に残したパットの距離が5m!!

これは厳しい。

5mはプロでも外すことが珍しくない距離です。

ラインによってはプロなら入れるでしょうけれど、それでも100発100中で入る距離ではありません。

もし自分がはずし、相手が決めれば優勝も賞金も相手のものになってしまいます。


そんな状況でパットを打つっていったいどんな気分なんでしょうか。

私はボウリングで「スペアが取れるかも」と思うだけでビビッてはずすような人間なんで(笑)、今回の松山選手のような状況に自分が置かれたらおそらく手がぶるぶる震えてパットどころじゃないと思うんですよね。


でも彼はそこでスパッと決めた。

なんと「いままでで一番いいパットが打てた」そうです。

そんな超絶に緊張する場面でいままでで一番いいパットが打てるって...

もうどんなメンタルなんでしょう。

はぁ、書いているだけでため息が出ます。


そしてその後プレーオフにもつれこみ、そこでも一進一退の攻防を繰り広げ、最後は松山選手がその戦いを制して優勝となりました。


世界の頂点で戦うということが我々にはまったく理解できませんが、とんでもない世界であることだけは間違いないでしょうね。


私はスポーツのように残酷なまでに順位が付いてしまう世界では絶対にやっていけません。

だからこそそういう厳しい世界で生きているプロのアスリートを心から尊敬します。

 

(2016年2月8日(月) 11:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ