全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ 感覚をつかむま...

感覚をつかむまでの道のり

※初心者の方はブログを最初からじっくり読んでみてください。

※TAKIMOTOのライブ情報はこちら


私はドラムを始めた当初からずっと自己流でドラムに取り組んできたのでいろいろなテクニックをマスターするのには本当に時間がかかりました。

特に「リバウンドを活かす」という感覚が分からず苦労したことを覚えています。


20歳くらいの時にデイヴ・ウェックルの教則ビデオで彼のフィンガーコントロールを見て初めて「リバウンドを活かすとはこうやるんだ」と理解することができたのですが...

見るとやるとでは大違い。

アタマで理解したものの実際にそれ(フィンガーショットでのリバウンドコントロール)ができるようになるには何か月もかかりました。


こういった「感覚をマスターする」系の練習はものにするまでの期間が本当に人それぞれ異なります。

私はフィンガーコントロールの感覚をつかむまで数か月かかりましたが、数日でつかむ人も、また数年かかる人もいるでしょう。


人には得手不得手があり、感覚をつかむ(=コツをつかむ)までの時間は一定ではありません。


「毎日ずっと取り組んでいるのに一向にできるようにならない」という経験をみなさんもしたことがあるかも知れません。

ですが焦らないで欲しいのです。

感覚をつかむまでの道のりは千差万別。


私なんかあるプレイに関しては30年経ってもまだできません。

30年ですよ?!

それでもあきらめずに取り組んでいるんですから、数か月やったくらいで諦めないでくださいね。

やり方さえ合っていれば必ずできるようになります。


■追記
もちろん取り組み方が間違っていたらどれだけ時間をかけてもできませんので、定期的に先生にチェックしてもらってください(前回書きましたね)。

 

(2016年2月8日(月) 10:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ