全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,921 ...

#1,921 (2/5)~バスドラム~ミュート編♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

「Traps」検証シリーズ、今回はバスドラムです。
見た目と違い、凄く鳴るのが「Traps」の特徴ですが、チューニングに関してはバスドラムが一番難しいと思います。今回はミュートによる変化を試してみました。

バスドラムのミュートは一般的に市販されている物が沢山あり、最近のミュートは本当によく考えられています。
ですが、スタジオにあるような単に毛布や枕等を入れただけではミュートとは言えません。単に詰めただけ。これでは筒鳴りが一切しない「ペタッ」とした音しか出ません。

そう、基本何処も入れ過ぎなんです。おそらくスタジオの方はドラマーが少ないので適当に入れているだけのような気がします。ちなみにドラムセットを購入するとバスドラムの中にミュートは入っていませんし、フロント・ヘッドに穴は開いていませんので(これ常識です)。

では、どんなミュートが理想なのか。それは両面のヘッドに軽く当たる程度にミュートする事。筒鳴りを大切にする事が重要なんです。バスドラムとはいえアタック音だけでは低音は出ませんからね。「ペタッ」ではなく「ドン」という音のイメージを作りましょう。
(画像①)

本題に戻り、「Traps」バスドラムのミュートについて。
胴が薄い分、入れる物も限られてきます…(^_^;)。まずは軽いスポンジ・ミュートを試してみました。
スポンジは2種類。ソフトタイプとハードタイプを用意(ホームセンター等にある物です)。厚さや奥行の長さを段階順に調整しミュート効果を検証しました。

結果、個人的に一番最適かなと感じたのは~、
厚さ3.0cm×奥行7.5cm×長さ50cm/ソフトタイプ。
まだ第一段階ですが今後も色々検証していきます。
(画像②)

あと、以前に重りの話を少ししましたが、スポンジの上に重りを乗せる事で少しタイトになります。これは通常のバスドラムでも言える事ですね。

アドバイスとして、自宅の練習キットとして消音するなら、ミュートではなく以前にも紹介した網目状のヘッド=メッシュヘッドがオススメ。
叩く感覚はそのままで消音が素晴らしいです。
※REMO/SILENT STROKEは何と90%消音
基本的にはヘッドなので、チューニング・テンションが調整でき生楽器らしい練習が可能です。
(画像③)

又、ビーターによってもサウンドが変わりますが、これはまたの機会にレポしたいと思います。

#1,921 (2/5)~バスドラム~ミュート編♪

(2016年2月5日(金) 0:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・尼崎(JR)・芦屋・三ノ宮・兵庫・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ