全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 ドラム塾【舞】 スクールブログ セッティング

セッティング

《セッティング》

リハーサルスタジオやLIVE Houseで演奏をする時に、必ずやらなければならない事。
それが、セッティングです。
皆さんは、セッティングはどうしてますか?
自分が気持ちよく叩けるように&直ぐにアンサンブルが出来るようにする為には、どうしたら良いかを考えてみましょう!


《自分のセッティングを見つける》
腕の長さ、足の長さ、内股、ガニ股、O脚など、音楽的感性は抜きにして、
自分の身体はどうなっているかを見つめてみましょう。
若いドラマーが直面する壁の1つに、椅子の高さが挙げられるかと思います。
10代のドラマーに問われます、セッティングに付いての質問。
回答はいつでも決まってます。
『あなたが良ければそれで良いのだ!』ってね^_−☆
その、「何が自分に良いのか?」を探す旅に出掛けましょう!


《プロドラマーのセッティングを参考にする》
椅子の高いドラマーの代表格に、
「村上“ポンタ”秀一」さんがいらっしゃいます。
逆に、椅子の低いドラマーの代表格に、「ジェフ・ポーカロ」さんがいらっしゃいます。
タムもシンバルも水平の方ですと、
「河村カースケ」さんがいらっしゃいます。
また、面白いセッティングですと、「アル・フォスター」さんや「テリー・ボジオ」さんがいらっしゃいます。
マネをするのも良いと思いますが、叩き辛かったり、身体に変な負荷が掛かるようでしたら、避けましょう。
試行錯誤しながら、自分なりのセッティングを見つけて下さい。
共通して言える事は、その人に合ったセッティングは、座った姿が美しいです。
そして、素晴らしい演奏です!


《セッティングの傾向として》
腰への負担を考えると、椅子を高くした方が良いかと思います。
細かいパッセージや、表情を付けるには適しているかと考えます。
しかし、大きな音を出すとなると、コツを体得しないとなりません。
椅子が低いと、腰が入るしっかりした音が出せます。しかし、踏み込んでしまうので、足腰に衝撃がダイレクトに来ます。
どちらも、一長一短です。
自分が出したい音は何なのか?
どんな演奏をしたいのか?
どのセッティングが体に合うのか?
など、しっかり考えて見つけて下さい。


《セッティングの練習》
自分なりに良い感じのセッティングが見つけられたら、
個人練習の時に、何分掛かるか測ってみてください。
あくまで目安ですが、目標は5分です。
大体、前の方のセッティングそのままです。
そこから、どの位の時間で自分好みのセッティングに出来るか?
ココが勝負です。
僕の経験で言いますと、
前の方がサウスポーだった事がありましたね;^_^A
また、LIVE Houseによっては、
置いてあるメーカーが違うし、
タムの深さも違います。
色んな都合に合わせて臨機応変に対応出来ると良いですね( ^ω^ )


《なぜ時短をしなければならないのか?》
LIVE Houseでは殆どありませんが、
いわゆるホールクラスで演奏する時は、
ステージに楽器はありません。
全て持ち込まなければなりません。
音響機材も、照明も、アンプも全てです。
ドラムの位置が決まらないと、他のパートの位置が決まりません。
また、その日の進行に不具合が生じます。
そんな時のためにも、素早いセッティングを心掛けましょう。
リハーサルスタジオでも同様で、ギタリストが足元にエフェクターを並べてしまった後に、シンバルをセッティングするのは、正直、良い顔はしてくれません;^_^A


《僕も椅子の高さに悩みました》
椅子の高さに悩みを抱えていた10代後半の頃。
学校の研修でニューオリンズに行きました。
バーボンストリートと呼ばれる、歩行者天国で、
いたるところでストリートライブをしています。
そこに、陽気なジャズを演奏するお爺様達がいました。
そこのドラムのお爺ちゃん、バケツに座って最高の演奏してました。
衝撃でしたね( ^ω^ )
俺の悩みなんて、悩みじゃなかったんだな。
なんて、涙しながら大爆笑した事があります(o^^o)


《自分の中での流行が変わる》
僕の椅子の高さは、かなり低いです。
それは、キーになる楽器を見つける事が出来たからです。
バスドラムを中心に、演奏やセッティングを考えてみたら、上手いこと落ち着いたのです。
一時期は、ポンタさんに憧れて、だいぶ椅子を高くした事もありましたが、
自分の本当に合う演奏スタイルと、好きなジャンルがマッチして、
現在のセッティングになってます。
迷いがないので、セッティングもあっという間です。
続けていると、好きな音楽が変わってくる事があります。
そうなると、必要なアプローチや楽器が増えたり減ったりします。
あまり深く考えずに、悩みながら楽しく自分のセッティングを見つけてみてください。

 

(2016年2月4日(木) 15:50)

前の記事

この記事を書いたコーチ

ロック~演歌、ヒップホップなど多彩な現場で活躍!初歩の初歩からサポート

ドラム塾【舞】
中村"NOBU-san"暢晃 (ドラム)

吉祥寺・中野・阿佐ケ谷・荻窪・西荻窪・武蔵小金井

ブログ記事 ページ先頭へ