全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,920 ...

#1,920 (2/4)~セッティングとテンション・ボルト♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

度々お伝えしている「Traps」。初期段階より色々エディットし少しずつ良い感じになってきました(^_^)/
今回から変更した所を紹介していきます。
自分の機材をお持ちの方や今後購入される方の参考になればと思います。

●セッティングについて
まずドラムマットは通常のセットより軽い事もあり滑り止めとして使える物を考えてました。市販のタイプはゴム製かフェルト材が多く悩んでましたが、ヨガで使うマットが調度良くフィットしました♪
(画像)

一応ラック内に重りを入れる予定でしたが、バスドラムのミュートの時に使えればと考えています。

振動が気になるかもしれませんが、「Traps」のバスドラムはラック式で固定しているので地面に着いておらず少し浮いてます。よくある電子ドラムのバスドラムより振動がないのが特徴です。

●各テンション・ボルトについて
元のボルトが軽量化を意識していたのか、アルミ製だったので摩擦に弱く困っていました(実際折れたボルトもありましたので…)。
(画像左下)

ちょっとした事ですが、たかがボルトと思わない方が良いです。実際ボルトの感覚によってチューニングが左右されます。微妙な違いもボルト次第ですからね。これを気にしないドラマーはチューニングが下手です。

ですので今回は52本あるボルト全て国内製のボルトに変え、スムーズなチューニングが出来るようになりました。強いステンレスタイプで安心です。
(画像右下)

通常のドラムセットならボトム側もあるので、もっと大変です。全て変えるのにかなり時間がかかりましたが、今後の事を思うと頑張れたと思います♪

#1,920 (2/4)~セッティングとテンション・ボルト♪

(2016年2月4日(木) 0:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ