全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 スピーディーNOROドラム教室 スクールブログ スティックの材...

スティックの材質

大きく分けて木とそれ以外の物が有りますが、先ずは一般的な木のスティックから(^_-)

【ヒッコリー】
1番ポピュラーです。最初のスティックはヒッコリーを選ぶことをお勧めします。

【オーク】
ヒッコリーよりも重たい材質です。シンバルのレガート音はヒッコリーよりもウェットな印象です。
値段がヒッコリーに比べ安い場合が多く、初心者はつい値段につられて買ってしまうことが有りますが、大きな注意点が有ります。それは・・・・

折れやすい!

ということです。質量が有るのでパワーを出しやすいのですが、本気のパワーショットをしていると何の前触れも無く

パキーン!!

と折れることが有ります(-。-;

ですので本番で使うなら、どうしてもその重量感が欲しい、シンバルの音色が欲しいという、どちらかというとパワーで押しまくるシーン以外の使用をお勧めします
あとはヒッコリーと同モデルのオークがあれば本番ではヒッコリーを使いオークは練習用の重たいスティックという位置付けも有ります(^_-)

【メイプル】
モデル数は限られますが、質量はヒッコリーよりも軽く、何といってもシンバルのレガート音がカラッとして美しいのが売りです。
小さな音量でもしっかり音のツブを出したいコンボジャズのようなシーンにはモッテコイです!

 

(2016年1月27日(水) 23:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

劇団四季に11年出演!400名以上を教えた、パワフルな演奏が魅力の先生

スピーディーNOROドラム教室
野呂尚史 (ドラム)

五反田・目黒・恵比寿・渋谷・原宿・代々木・新宿・高田馬場・池袋・大塚・田端・上野・御...

ブログ記事 ページ先頭へ