全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,900 ...

#1,900 (1/15)~各調節ボルトは覚えよう♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

セッティングに自信のない生徒さん、まだ各調節ボルトの場所が分かっていない生徒さん、各スタンドの調節ボルトの場所はちゃんと決まっています。しっかり覚えるようにしましょう。

(画像参照)

①ハイハットの高さを変える調節ボルト。
ただ緩めるだけだとハイハットの重みで落ちてくるので、片手で軸となる部分を持ちながら緩めるようにしましょう。

②イスの高さを変える調節ボルト。
このボルトを緩めて調節しますが、イスの真下にあるボルトを締めておかないと空回りするだけです。

③ハイハットの開き具合を調節するボルト。
このボルトでハイハットの開き具合を調節します。
緩めてペダルを踏みながら調節します。
このボルトが締まったままだと①の高さを変える事が出来ないので注意。

④ハイハット上部のクラッチ部分。
ハイハットは2枚ある内のトップ(上)部分にクラッチが付いてあります。よく裏側のボルトが外れるので仕組みを把握しておきましょう。
基本はフェルト(又はゴム)とフェルトの間にハイハットを挟みます。

次回はシンバル・スタンドについて。

#1,900 (1/15)~各調節ボルトは覚えよう♪

(2016年1月15日(金) 0:28)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・尼崎(JR)・芦屋・三ノ宮・兵庫・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ