全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 スピーディーNOROドラム教室 スクールブログ テンポキープが...

テンポキープが苦手な方へ

演奏が速くなる(走る)時、反対に遅くなる(もたる)時

人によっては必ずどちらかになる場合と状況によって色々という場合があると思います。

どちらの場合も自分の演奏を録音し後で冷静に検証してみて下さい。

もしかしたら周りの演奏に引きずられている場合もあるのです(^^;)

ですからいろいろな人と演奏することをお勧めします。

偶々周りが全員走る人だったり、もたる人だったりすることもあり得ます!(私も大いに経験あり)

勿論、個人練習ではメトロノームでしっかりチェンジアップ等で最低限の正確さを身に付ける事は必須です。

この時、数分でやめてしまったら正確なキープ力は身に付きません。

初歩の段階では数分で気が遠くなると思いますが、そこでやめてしまわずに最低でも10分は続けて下さい。

上級編としてはメトロノームと練習台の音量を同じ程度にし、自分の音でメトロノームの音を消します。
メトロノームが聴こえた時はずれた証拠です。
聴こえない状態をずっとキープします。

これにはかなり集中力が要りますのでほとんど修行の域です(+_+)

この修行が楽しくなればしめたものです(^^)v

因みに私は100分の1秒レベルで前後にずらし、メトロノームの頭の「プッ」というアタック音だけ聴いたり、お尻の「ウン」という余韻だけ聴くゲームにはまり、数時間遊ぶことがしばしばありました。

そんな風に遊んでいるうちにずれようと思ってもずれられないくらいメトロノームが身体に染み込みます。

皆さんも是非お楽しみ下さいませ(^_-)-☆

 

(2016年1月12日(火) 10:37)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

劇団四季に11年出演!400名以上を教えた、パワフルな演奏が魅力の先生

スピーディーNOROドラム教室
野呂尚史 (ドラム)

五反田・目黒・恵比寿・渋谷・原宿・代々木・新宿・高田馬場・池袋・大塚・田端・上野・御...

ブログ記事 ページ先頭へ