全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 スピーディーNOROドラム教室 スクールブログ ドラムの楽譜

ドラムの楽譜

皆さんがよく目にするドラムの楽譜は所謂コピー譜がほとんどではないでしょうか?

リズムパターンやフィルイン(おかず)もしっかり書いてありますね(^_-)-☆

しかし、実はプロの現場では曲の構成だけが書いてあり譜面の頭に「8beat with feel」

中身は真っ白ということもあります(^^;)

フィーリングで自由にやって!という指示ですから気楽ではありますが

逆にドラマーの感性が問われる厳しい状況でもあります。

8beatと一言ですがパターンは無限に有りますからね。

そんな時、先ずはシンプルなパターンでテンポキープに専念し周りの音を聴きます。

ベースのパターン、ギターのカッティング、キーボードのバッキング・・・。

みんなの音がどのように絡み合っているかが分かってきたら

自分のヴォイスがどこに必要かを見極めます。

ドラムはベースドラムという最低音からシンバルという最高音までの物凄く幅広いヴォイスを持っています。

定番のパターンも有りますが、もっとマッチングの良いパターンを見つけようとする感性と緊張感を常に持つようにすると素晴らしいアンサンブル・ドラマーになりますヨ(^^)v





 

(2016年1月12日(火) 9:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

劇団四季に11年出演!400名以上を教えた、パワフルな演奏が魅力の先生

スピーディーNOROドラム教室
野呂尚史 (ドラム)

五反田・目黒・恵比寿・渋谷・原宿・代々木・新宿・高田馬場・池袋・大塚・田端・上野・御...

ブログ記事 ページ先頭へ