全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 スピーディーNOROドラム教室 スクールブログ 音量を抑えると...

音量を抑えるとなぜしょぼくなっていまうのか!

正解はズバリ!

手と足で演奏しているから!

????????

意味不明でしょうか?

わかります(^_-)-☆

どう見ても手と足で演奏してますからネ(^^;)

しかしながらこれは禅問答の類ではありません。シンプルな事実です!

手先、足先に意識が偏った状態で音量を抑えると水道の蛇口を閉めたような状態になり、正に「手も足も出ない」ことになります。

音量にかかわらずしっかりとグルーヴする為には自分の「うた」を手足ではなく体幹で演奏することです。

自分の中にしっかりとした「うた」が有れば極端な話、ほとんど音を出さなくても体幹のグルーヴが生まれます。

これは少し高度な身体意識なのでレッスンの中で少しずつ積み重ねて行きましょうネ。

自転車に乗れる方は初めて乗れるようになった時のことを思い出してみて下さい。

最初は乗れなかったのが段々とコツを掴み、ある時スッと乗れるようになりましたよね(^^)v

一度乗れてしまえば、なぜ乗れなかったのか不思議に思うくらいではないでしょうか?(^^;)

グルーヴとはそういう類のもので「理屈」ではありません。

ですので非常に伝えにくいことなのですがスピーディーNOROドラム教室では私の最大限の感性で皆さんに関わりグルーヴを身に付けて頂けるよう最善を尽くして参ります。

次回は
レッスンの内容 をお伝えします。



 

(2016年1月12日(火) 7:35)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

劇団四季に11年出演!400名以上を教えた、パワフルな演奏が魅力の先生

スピーディーNOROドラム教室
野呂尚史 (ドラム)

五反田・目黒・恵比寿・渋谷・原宿・代々木・新宿・高田馬場・池袋・大塚・田端・上野・御...

ブログ記事 ページ先頭へ