全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,897 ...

#1,897 (1/12)~スティックの基本♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

今日は朝から移動が大変でした。午前中、西明石のレッスンを終えてJRで大阪へ向かう途中、JRが大幅遅れ!急遽新幹線で向かう事に…( ̄∇ ̄;)。西明石だから出来るので良かったです。

さて、年末から触り始めたddrumのスネアとWincentの人気がレッスンで凄いです。楽器店でもあまり置いていない事もあり、レッスンで試打してもらい多くの生徒さんがddrumサウンドに感動してもらえました。
Wincentは少し前から有名ですが豊富に置いている所が少なくレッスンで色んな種類や質感を体感してもらってます。

そもそも、スティック自体の事を知らない方もおられますので、基本的な事を少し紹介したいと思います。

●材質
スティックの材質は主に3種類あります。

①ヒッコリー
北アメリカ産のクルミ科の落葉高木であるペカン属 Caryaの数種の材の総称。一番スティックに使われている材です。日本で近いのは竹のような感じです。
(画像はヒッコリーの木)

②メイプル
カエデ科の木。ドラムシェル(胴)としてハイエンド・モデルによく使われています。スティックとしては軽いのが特徴。

③オーク
樫の木。YAMAHA/Live Customではシェルに使われています。硬く重たいのが特徴。


●チップ(先端)の形状
スティックの先部分は演奏するジャンル等で表現しやすいよう形がそれぞれあります。

①ボール型/丸型
丸い形をしているので、どの角度から叩いても均一に当たる為、安定した音が出せます。初心者にお勧め。

②四角型/俵型・樽型
打面が広く丸型に比べて大きい音量が出せるのが特徴。

③ティアドロップ/涙滴型
打面の角度によって音に変化を付ける事でき細かいニュアンスが表現出来ます。中級~上級者向け。

④コーン/三角・トライアングル型
打面の角度によって音の変化が激しいので繊細なサウンドが出せます。ジャズ等で使用されることが多いです。

●サイズ
L=長さ、D=太さを表してます。

現在自分自身が使っているスティックのスペックを調べ、今後のスティック選びのポイントとして参考にしてもらえばと思います。

#1,897 (1/12)~スティックの基本♪

(2016年1月12日(火) 1:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ