全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,877 ...

#1,877 (12/23)~New Snare♪

おはようございます(^_^)/ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

画像は今後使用する事になるかもしれない「ddrum」のスネアです(^_^)。「ddrum」はまだ日本では馴染みがないですが、アメリカで30年の歴史あるドラムメーカーです。

日頃スティックでお世話になっている会社が輸入代理をしており、試しにレコーディングで使用する予定で色々検証しています。

私には珍しい金属シェル。世界的に人気のあるアルミ(1円玉と同じ素材)シェルを体感しました。

主な仕様です

「ddrum/Vintone Elemental」
・サイズ/14"(口径)×6.5"(深さ)
・シェル/Alminum Shell
・フープ(リム)/2.3mm black nickel hoops
・スナッピー(響き線)/25 Snare Wires

実際にスタジオで試奏してみると~、まず標準打面ヘッドがEVANSだったのでREMO/COATEDに張り替え。EVANSは何だか音が"こもる"感じで昔から苦手なヘッドです…(^_^;)。

まず叩いてみて驚いたのは、深さの影響もあるかと思いますが、チューニング幅が広い♪これはどんなジャンルにも対応出来るスネアだと感じました。"うたもの"に合う理由も納得出来ます。

こだわりのポイントとしては、繋ぎ目がない鋳造構造。筒の鳴りを最大限に発揮出来る構造です。
海外で有名なラディックの400や402はアルミ・シェルで一般的ですが、国内メーカーのアルミ・シェルのスネアは深さが浅いタイプがほとんどです。

色んなスネアがありますが、これはかなり良いスネアだと感じました。明日のレコーディングでも色々試してレポします♪

#1,877 (12/23)~New Snare♪

(2015年12月23日(水) 0:21)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ