全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,871 ...

#1,871 (12/17)~音符の仕組み♪

おはようございます(^_^)/ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

楽譜の進行について様々な記号を紹介してきましたが、次は五線の中に入る音符の仕組みについて紹介していきます。
一般的に音楽理論や楽典と言われる分野です。譜読みが苦手な方はこの機会に覚えていきましょう(^_^)/

(画像参照)

●音符の種類と拍数について
縦は音符の種類、横は拍の長さを表してます。
4/4は分母の4=4分音符が分子の4=4拍分ある事を示しています。

・全音符(全休符)
4/4の場合、全音符は4拍分の長さを表します(1小節分)。全休符の場合は4分音符×4拍分の休み(1小節分)を表してます。

・付点2分音符(付点2分休符)
付点は各音符に点が付いた音符です。表示してある音符より1つ小さい音符が3つの長さを表してます。
付点2分音符の場合、2分音符より1つ小さい音符は4分音符なので4分音符が3つの長さ=3拍分の長さを表してます。

・2分音符(2分休符)
2拍分の長さを表した音符。全音符のように白抜きのお玉杓子に棒が付きます。ドラムでは全音符~2分音符までは音符の長さが長い為シンバル以外で表記される事がありません。

・4分音符(4分休符)
メトロノーム(クリック)のリズム、基準となる拍子の音符です。楽曲のテンポも4分音符のパルスを表してます。

・8分音符(8分休符)
8Beatの音符=右手ハイハットやライドを刻むリズム。4分音符を倍で表します。半拍とも言います。

・16分音符(16分休符)
8分音符の倍、4連符とも言います。16Beatのリズムはこの音符です。この音符の分析が苦手な方が多いので16分音符の譜面をよく見ると読譜に強くなります。


上記音符や休符はドラムだけでなく音楽全体で使われる共通の音符です。これを基準に専門的なドラム譜に進みます。次回は記譜法を紹介します。

#1,871 (12/17)~音符の仕組み♪

(2015年12月17日(木) 0:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ