全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,868 ...

#1,868 (12/14)~記号を覚えよう~その二♪

おはようございます(^_^)/ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

前回に続き音楽記号紹介です。覚えておくと譜面を読むのが早くなり演奏力も上がります♪
(画像参照)

A
リハーサルマーク
イントロ(前奏)やAメロ等、部分的に句切りし分かりやすくしたもの。サビは[C]、間奏は[E]など複数で演奏する場合に共通のポイントとなります。

B
D.C.(ダカーポ)
ここまできたら最初に戻る事を示しています。D.S.と間違えないように。

C
Fine(フィーネ)
この部分で終わる時に表します。
画像の進行順は、①→②→③D.S.→④→⑤Fine

D
この記号は数字分の小節を休む意味。
画像は4小節間休みという事です。主にクラッシックの譜面で使われています。

記号を2回にわたり紹介してきましたが、譜面はドラムだけでなく全楽器に共通するものです。実際に仕事現場では皆同じ譜面を見て演奏しますからね。

次回ブログで簡単な問題を出します。見事正解した生徒さんには~、少し私から特典があります♪前回と今回のブログを参照し記号を覚えチャレンジしてみてください(^_^)/
(あまり期待しないで)

#1,868 (12/14)~記号を覚えよう~その二♪

(2015年12月14日(月) 0:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ