サイタ音楽教室ドラム教室埼玉 大輔のドラムスクール スクールブログ 完全感覚ドリー...

完全感覚ドリーマー、叩けますか?

大人気バンドの『ONEOKROCK』の完全感覚ドリーマーはどのくらいで叩けますか?

という質問を何度かいただきました。

始めたばかりの人にとってはとても難しいでしょう。

まずテンポが速い!

そして、Aメロからスネアの位置をずらしてあるビートが出てきます。

何よりイントロからドラムソロっぽいフレーズが出てきます。

間奏にもドラムソロみたいなセクションがありますしね。


叩こうと思っても速さに手がついていけないと思います。


しかし、ゆっくりのテンポから叩く場所を覚えていけば叩けるようになれる日は格段に近付きます。

そこで、初めのドラムのフレーズをまとめた動画を作ってみました(笑)


https://www.youtube.com/watch?v=xIKvl8y_dDY

※リンクは貼れないので、コピーして別ページで見てください。


叩く場所、リズムをゆっくりのテンポから身体に覚えさせていき、何度も叩いて慣れてきたら徐々にテンポをあげていきましょう。


曲全体が叩けなくても、ここだけ叩ければ何となくカッコ良く見えます(笑)


まずは『自分にも叩ける!』という思い込みと自信からです。


一緒に一歩ずつ進んでいきましょう(*^-^*)

 

(2015年12月3日(木) 9:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

エルレやホルモンとも共演!上達するプロセスを一緒に楽しみながらレッスン

新着記事

楽曲のビートは8ビートや16ビートだけじゃない! ラテンやジャズ色んな分野から取り入れてきたものを自分なりに吸収してROCKやPOPSで活かすドラムも多く存在します。 私の得意分野はROCKですが、何となく他のジャンルも叩けます。 五郎丸歩が出演している「アサヒ ザ・ドリーム...

16ビートになると、8ビートは違って勢いだけで叩くのは難しくなります。 ガンガン叩くのではなく、きちんと16分音符を意識しながら叩かないとバンドで合わせて演奏をするのは困難に近いでしょう…。 まずは「どこを」「どの手(足)で」「どのように」叩いているのかをきちんと理解する事です。 ...

ドラム講師の中山です。 今回はバスドラのダブルの踏み方を書いてみたいと思います。 単純にペダルを2回踏んで音を2回鳴らす事を言います。 イメージ的には ドン!ドン! ではなく ドドン! というような、早くつなげたい時に使います。 1回...

大人気バンドの『ONEOKROCK』の完全感覚ドリーマーはどのくらいで叩けますか? という質問を何度かいただきました。 始めたばかりの人にとってはとても難しいでしょう。 まずテンポが速い! そして、Aメロからスネアの位置をずらしてあるビートが出てきます。 何よりイ...

音をもっと大きくしたい!という方の為に! 「出す音を大きくするにはどうしたらいいですか?」という質問がよくあります。 単純に力を込めて叩きつければ大きな音は出ます(笑)が、 それは絶対にやってはいけません! なぜなら、早く動かすのが困難になり、しかも...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ