全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,852 ...

#1,852 (11/28)~譜面の拍を感じる♪

おはようございます(^_^)/ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

8Beat等リズムパターンの譜読み(リーディング)に慣れてきてもフィルイン(オカズ)になると読めなくなる方がいます。

どんな譜面も"拍"を感じる事が出来れば読めるようになるのでフレーズを読めるように訓練しましょう。

例としてフィルイン・フレーズを画像で紹介します。
(画像参照)

まず、4/4とは1小節に4分音符が4つある意味です。画像のフレーズは全て4拍で構成されています。
4拍分まとめて1小節となり楽曲を演奏する時は小節単位で進行していきます。

赤い点線は拍の境目を表してます。実際の譜面には書いてありませんが、どんな譜面を見てもこの境目を感じる事がフィルインのフレーズを早く読めるポイントとなります。ほとんどの方がこの境目が苦手なようです。

グレーで表記してある16分音符は手順と位置が分かりやすいようにしました(R=右手、L=左手)。
したがって一番上のフレーズの手順を説明すると~、
1拍目/RL同時に16分の1つ目,3つ目、
2拍目/16分の1つ目(R),3つ目(R),4つ目(L)、
3拍目/16分の2つ目(L),3つ目(R),4つ目(L)、
4拍目/16分の2つ目(L),3つ目(R)となります。

手順はオルタネイト(右手から交互に)を基準にしています。同じように他のフレーズも確認しましょう。

拍を感じる事は叩くフレーズだけでなく休むフレーズ=休符も大事です。手順+休む長さも意識しましょう。

ちなみに、画像のフレーズは全て同じ楽曲に出てくるフィルインですが、この3つのフィルインだけで何の曲か当てる事が出来たら凄いです(^_^)/

#1,852 (11/28)~譜面の拍を感じる♪

(2015年11月28日(土) 2:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ