全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室宮城 プラス1・ドラムスクール スクールブログ 重要!細かい動...

重要!細かい動き(スティックワーク)を身に付ける。

マクドナルドの大規模な店舗縮小が決定したようですね。
IMacな方々はともかく、私は特に困ることはありません。ただ......

あのポテトだけは欲しい時にすぐ手にしたい。そういう意味では、近所の店舗は無事でいてほしいような気もします。

えっ、細かいって?
そう、そんな訳で 今回のお題はこちら
「細かい動き」について少々。


我々が日常生活で無意識に行っている、大きい動きと小さい動きでは、筋肉の使われ方も当然ちがうのですが、必要な動きとしてやらねばならぬので、意識せず動くんです。

靴紐結んだり、メール最速で打ったり、針仕事最速で...?



で、ドラムの奏法のような、非日常の動きとなると、動くようになるまではほんの少し、努力というか辛抱が必要となるのもまた事実。しかし、すでに大きい動きでダイナミックなストロークと爆音を手に入れた方なら、この細かい動きを習得することで、正に鬼に金棒となります。間違いなく!


今回は、練習方法のひとつとしてパッドを使った筋トレ?をご紹介しましょう。

例えば、12"のパッドなら、始めは3分割くらいで分けて、次は5分割、更には9分割として細かくパッド上を移動するという方法。

慣れないうちはなかなか手がついていきませんが、焦らずゆっくり、チップの場所に注意して、小さく動かしていくといいですよ。


持ってて損はない技術です。気が付けば、アプローチに幅ができている。ドラムセットのタム移動が楽になってしまっている。

などなど、良いことが結構あるはず。


こんな動画も参考にしてみてください。

 

(2015年11月25日(水) 14:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

スカパラメンバーと共演も!スティックの握り方からリラックスしてレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ