全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 バシリズム・ドラムスクール スクールブログ リズムの解像度...

リズムの解像度を上げよう!~「なんとなく」「あやふや」をなくそう

こんにちは!バシリズム・ドラムスクールの船橋です。

音楽は普段ロックばかり聴いていた私ですが、最近行っていた仕事の影響もあり、ジャズ、特にビッグバンドに魅力を感じてます。これを機にジャズに対する苦手意識を克服して真のオールラウンドドラマーを目指していきたいと企んでおります!←自分にプレッシャーかけてみました(笑)


さて、今回のお題は
「リズムの解像度をあげよう!」
です。

つまりどういうことかというと、サブタイトルにもあるように、「なんとなく」演奏している部分や「あやふや」なまま演奏している部分をなくして、よりクオリティの高い演奏にしていこうということです。

例えば曲の中でのキメの部分、大体はキメだけでなくそのリズムに付随してフィルインが入ったりすることが多いと思います。
こういったキメをきっちり正確に決めて、その前後もノリやタイムを崩さずに演奏するというのは案外難しいものです。

たとえキメが無くてもフィルインは「おいしい」部分ではありますが、「タイムが崩れやすい」というリスクもはらんでいます。

特にテクニカルなフレーズは自然に演奏するのはなかなか難しく、無理やりやろうとするとその部分だけ異質なものに聴こえたり、アンサンブルを崩してしまうなど、その後の部分にまで良くない影響を及ぼしてしまうことがあります。

初級者~中級者の方でしたら、基本パターン(グルーヴ)にキックのダブルが入ってたりしてもそのような不安定な感じになった経験があると思います。

ある程度の経験者ならば、バンドで合わせたり、音源に合わせてもなんとなく乗り切ることはできると思います。
しかし、それを「なんとなく」「あやふや」なままにしておいてはなかなかドラマーとして次のステップには到達できません。

速い曲ならば「まずはゆっくりクリックで」とか
手足が込み入ったものならば「一つ一つ手足のリズムがかみ合っているかチェック」
などという練習が有効でしょう。

あとは「タイムが自然に流れているか」というのはとても重要です。
8ビート(フィール)の曲ならば8分、16ビートの曲ならば16分が引っかかるところがなくどんな場面、フレーズでも、自然に流れているように演奏できるととてもスッキリします。

ぜひ意識してみてください!


おわりに

初心者の方に関してはそこまで深く考えずに、とにかく一つ一つテクニックを身に付け、できることを増やしていくのが良いと思います。

しかし、経験者、特にはじめて1年以上の方は表面的なテクニックよりもう一歩踏み込んで音楽ができると良いドラマーになれます。


当スクールのレッスンは、初心者の方には初心者に向けた内容、経験者にはその経験に応じた内容で行っております!

ドラムをはじめようか迷っている方、なかなか上達せず伸び悩んでいる方、ぜひこの機会に体験レッスンをお申込みくださ~い^^

(船橋 洋史)

 

(2015年11月12日(木) 15:26)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

お兄さん的存在!ハートフルなアドバイスと「いい音色」を目指す

ブログ記事 ページ先頭へ