全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 こだかり どらむ音楽教室 スクールブログ 11月9日 初...

11月9日 初心者を中心に指導される先生方へ。(生徒さんのみんなも是非みてね〜)

取り敢えず、
・ワシの事は棚に上げておきまして...
・誰かをディスっとるのではございません!

と言う書き出しからスタートさせて頂きます。笑
m(_ _)m



最近、体験レッスンが繁盛しとるのですが、
繁盛しとる だけ であって、
ワシは「素晴らしい指導者」では「ありません!」笑
(超ええかげんですし!わはは。)
演奏方法は勿論じゃけど、「コーチング」も日々 勉強中でございます!

で、こんなワシのもとに生徒さんが集まってしまうくらい
「生徒さん目線」でコーチングを考えれてない指導者が増えて来とるのかもしれんです。


人の考え方は 人それぞれなので、何とも言えんです。

ワシは こう考えます。

レッスンを無料(ボランティアとか)でしとるっちゅーなら話は変わってくるですが、
「お金を取ってやりよる」
「レッスン料金をもらっている」
ってなったら、もう商売と同じっす。

例えば、
喉が渇いてジュースを買ったとします。
で、
その中にウンコが入っとったらどうでしょう?
ワシじゃったら、その販売元を超訴えますわ。

...。

例えがおかしくなりそうなので、取り敢えずアレしまして、

何が言いたいかと言うと、
お金を払っとんじゃけん、その値段に見合ったものは ちゃんと提供せいやー
っちゅー話です。

言い方かえれば、
お金を頂いているのだから、それに見合った仕事をしましょう。
的な。

ワシは仕事柄?先生の先生をさせてもらう機会もあるのですが、
指導者側の意見で、
・練習せんやつがおって困っている。
・真面目にレッスンに来ない。(いつもレッスン時間に遅れたりする)
・やる気がない。
ってのをよく耳にします。笑

が、
銭をもらいよんじゃったら、そりゃあんたの指導力が無いだけよ。
生徒さんでもあり、お客さんでもあるわけじゃけぇ、
練習して来ない、課題をやって来てなかったとしても お金を貰ってしまっとる以上、どうにかして上達させてあげなさい。
自分の指導力の無さを棚に上げるんじゃったら先生辞めんさい。

とアドバイスしてあげます。笑

あ、
ワシの事は棚に上げておいて下さいよ!笑


因みに、
ヤル気のない、けど上手くなりたい!って言う 指導者側からしたらクソ(笑)みたいな生徒さんらには
ワシの場合は以下の様に対応しとります。

・ヤル気になるように あの手この手を使いまくる!(子供らにはレッスン後のご褒美とかで。笑)
・データを毎回取ってあるので、前回よりは確実にアレコレ出来るようにレクチャーする。(自己負担 大)
・どーにもならんやつは (中学生以下の場合はご両親交え)ちゃんと話をさせてもらう。

そこまでせんでええでしょ?
と思う方もおってじゃと思います。
ワシも同感です。笑


タイトルの通り、生徒の皆さん
読んでくれとりますか?笑

少しでも前回の事を復習して来てくれると
先生 超嬉しいです!!!!!

少しでも前回の事を復習して来てくれると
先生 超嬉しいです!!!!!

少しでも前回の事を復習して来てくれると
先生 超嬉しいです!!!!!

少しでも前回の事を復習して来てくれると
先生 超嬉しいです!!!!!

少しでも前回の事を復習して来てくれると
先生 超嬉しいです!!!!!

少しでも前回の事を復習して来てくれると
先生 超嬉しいです!!!!!

少しでも前回の事を復習して来てくれると
先生 超嬉しいです!!!!!


あと、
「明日ライブなんですけど、助けて下さい…」
ってのは やめてー!笑
せめて1週間前とかにしてー!笑
ワシ、「任せとけ!」とかって言うけど、
本当言うとマジ勘弁よ。
本当言うと。




最後に、

スティックの持ち方について、
アランドーソン と言う人の言葉にこんなのがあるので紹介を。



ことグリップ(スティックの持ち方)に関しては みんなそれぞれ体型、骨格が違うわけだし 一つに統一するのは難しい。

絶対にこういう風に持たなければいけないということはないんだ。

あくまでも まず音が第一で、良い音、自分の思い通りの音が表現できるのなら、それが その人にとってベストのグリップだと思う。

グリップの形成だけに何ヶ月費やしてもドラムが上達するわけではないし。(☆)

私は、いろいろなクラシックのエチュード、ルーディメンツなどを学んでいくうちに、
最終的に自分にあったグリップが自然にできてくるものなのだと思うよ。




☆のとこなんじゃけど、
ここでは、音楽的に と言う意味じゃと思います。
ドラムなんてのは、一人じゃ成立しにくい楽器っす。ギターやピアノとかに比べて。
アンサンブルにおいてはとくに。
手足が無茶苦茶速く動いたとしても、
他のパートと「会話」出来とらにゃ、ただの邪魔者で終わってしまうです。。。

手足が無茶苦茶速く動いて、テクニカルで、
超「会話」が出来る!
ってのが理想でございます。
と思います。

 

(2015年11月9日(月) 23:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

広島弁・育メンドラマー。温かい先生と「やっちょってよかった」がある

こだかり どらむ音楽教室
小鷹狩大介 (ドラム)

横浜・五反田・渋谷・原宿・溝の口・登戸・町田・都立大学・自由が丘・新丸子・池尻大橋・...

ブログ記事 ページ先頭へ