サイタ音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,829 ...

#1,829 (11/5)~セッティングの基本は3点から♪

おはようございます(^_^)/ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

独学の方が私のレッスンを始めて「習って良かった」と言っていただきました。教える側として本当に嬉しい一言です。
思い込みや考え方等色々ありますが、習う事の意味を感じていただけて良かったと思います。これからもそんな方をレッスンでアドバイスしていきたいです。

さて、ドラムの3点と言えばバスドラム、スネアドラム、ハイハットです。その3点のセッティングがドラムをする上で重要です。

バスドラムのフットペダルのセッティングは前回お伝えしましたので、そちらを参照してください。
イスの高さを調整したらスネアドラムのセッティングです。

スネアドラムはドラムセット全体の中心にくるようにセットします。中心という事は身体もスネアドラムを正面にするようにし両ペダルが左右対象になるようにします。

よくバスドラムを中心に考える人がいますが、スネアドラムを中心にしましょう。分かりやすいのは2バス(バスドラムが2つ)のセッティング・イメージです。

スネアドラムのスタンドは三脚の内一脚を叩き手の方に向けるようにするのがポイント。両サイドのペダルがセッティングしやすいです。打面はおへその少し下辺りにくるように高さを調整しましょう。
(画像①)

次にハイハット。まず高さはAのボルトでスネアの打面より握り拳二つ分は開けるようにしましょう。これは両手がクロスした時に互いが当たらないようにするためです。
(画像②)

※画像③Bのボルトを緩めてから、片手でスタンドを持ちAのボルトを緩めてください。でないとハイハットの重みで急に落ちてきます。

ハイハットの開き具合は指を縦に二本程開けるようにしましょう。Bのボルトを緩めペダルを踏み開き具合を調整します。少ししか開けない人がいますが、実は上手い人程広く開いてます。実際左足で踏み刻む時もあるので重要な部分です。
(画像③)

この3点で演奏力に大きく影響します。しっかりセッティング出来るようにしましょう。

#1,829 (11/5)~セッティングの基本は3点から♪

(2015年11月5日(木) 0:01)

前の記事

次の記事

新着記事

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 毎日のレッスンに加え、書譜作業もあるので帰宅しても仕事が続いています( ̄▽ ̄;) 一般的にドラムの譜面は市販されているバンドスコアしかありません(画像①)。さすがにこれを見ながら演奏は出来ないので各自でパート譜を作るかして皆演奏...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 現在発売されている「リズム&ドラム・マガジン 2019年1月号」で「スティック総選挙」という企画が載っています。 私もこれまで色んなメーカーのスティックを使ってきましたが、参考になり面白い企画でした。やはりVic-Firth/5...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 移動範囲が広いレッスンをしているので、色んな所に行けて、その場所の美味しいご飯が食べれるように思えますが、実際は移動時間に追われる毎日です…。 唯一、色んなスタバには行くので、いつもレジで「今朝は大阪だったんですね~」とか言われます...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 今日は天王寺で開催されているエッシャー展を見てきました。学生時代から好きなエッシャー。よく鉛筆で模写していました(^_^;)。 さて、レッスンしている生徒の皆様。レッスン会場の年末年始の営業時間は各会場によって異なりますのでご注...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 昨日はドラムレッスンとパーカッションレッスンをしてから、夜にレコーディング仕事があり、明けてからまたレッスンだったので、ずっ~とドラムづくしです(^_^;) こんな時が一番体調を崩しやすいので気をつけないといけません。 私のレ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ