全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,822 ...

#1,822 (10/29)~初めての機材♪

おはようございます(^_^)/ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

自分自身の機材を購入される生徒さんが増えてきてます。素晴らしいですね(^_^)/。それだけドラムに対する意識が高い証です♪

「何事もまずは格好から」はある意味正しいと思います。せっかくドラムをしているのにスティックしか持っていないのは悲しいですからね(^_^;)。

大体の方が購入していく順番があり、
・スティックケース
・練習パッド又は電子ドラム
・フットペダル
・スネアドラム
・シンバル類
・シンバルケース、等といった感じで購入されてます。

スティックケースは、3セット程収納出来るタイプから1ダース程収納出来るタイプまで種類が豊富です。布製、メッシュ製、ビニール製、革製と素材も多くあるので使いやすい物を選ぶのがポイントです。
スティックを収納するだけでなくドラムを叩く時に装着しておくと色々便利です。ドラマーならスティックケース位は持っておきましょう♪

練習パッドは自宅で練習出来るアイテムとして購入される方が多いです。スネア部分だけ単体のパッドからフルセット揃っているタイプもあります。
同じように自宅で練習する為に電子ドラムを購入される方がいますが、簡単に言えば練習パッドに音源が着いたイメージです。

フットペダルは手のスティックと同じように「足のスティック」です。豊富な種類の中、楽器店で試打し自分に合う物を選びましょう。

スネアドラムは安い物(スティールシェル等)だと30,000円位からあり、高い物だと何十万円するスネアもあります。まずは素材を知りサイズを選択し好みのサウンドを捜しましょう。

シンバル類は何から購入するかによって用途が変わりますが、刻む為のシンバル=ハイハットやライドから決めるのが一番良いと思います。次にクラッシュ、エフェクト(チャイナやスプラッシュ)と増やしていきます。
注意点として、同じメーカーで揃えないと音量や音色にバラツキが出るので必ず揃えましょう。統一感が大事です。

最後にケースがありますが、それぞれペダルやスネア、シンバルを購入した時に揃えるのがベストです。耐久性や持ち運びに便利なタイプを選ぶようにしましょう。特にシンバルケースは良い物を購入する事が大事です。

当然、レッスンでも色々アドバイスしてますので、生徒さんは購入される前に聞いてくださいね(^_^)

#1,822 (10/29)~初めての機材♪

(2015年10月29日(木) 1:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ